本文へジャンプ

プレスリリース&トピックス

「アニヴェルセル総研」第31弾、恋愛意識調査
SNS・ネットでの出会いに抵抗なし!?
男女1200人の実態を調査。
ネットが貴重な出会いの場へと発展中!


2016年6月7日
アニヴェルセル株式会社

 ゲストハウスウエディングを展開しているアニヴェルセル株式会社(代表取締役社長 平井 雅丈)は、継続的に実態調査を行い、ホームページ上に設置したコンテンツ「アニヴェルセル総研」に調査結果を公開しています。
 第31弾は、全国の23歳から39歳の男女1200名を対象に調査を行い、「SNSやインターネットでの出会いに抵抗はありますか?」 の質問に対しての回答を以下のレポートにまとめています。
 アニヴェルセル株式会社では、「幸せは、祝福されると記念日になる。」というコンセプトのもと、「アニヴェルセル総研」を 通して、結婚に関する興味喚起を訴求してまいります。


「ネットでの出会い」に抵抗がない人が増加中!男性はなんと、○割以上の方が・・・!? 

仕事に趣味、コミュニケーションにショッピング。インターネットはいまや、毎日の生活になくてはならないものです。昨今で は、男女の出会いや婚活にもネットの活用が進んでいるという話も聞こえてきます。ところで皆さんは、「出会い」を目的に ネットを利用されたことはありますか? いわゆる「ネットでの出会い」について、多くの人はどう捉えているのでしょう。また、 実際に「ネットでの出会い」が交際にまで発展するのはどれくらいの割合なのでしょうか。

抵抗がある・なしに関わらず、65%以上の方が交際まで発展していない!?

アンケートは、「交際したことはあるが、抵抗がある」、「交際したことあり、抵抗もない」、「交際したことないし、抵抗もある」、 「交際したことないが、抵抗もない」、「わからない」の5項目から1つを選択していただきました。 それでははじめに、回答者全体の割合からご紹介していきましょう。

■SNS やインターネットでの出会いに抵抗はありますか。また、実際に交際に発展したことはありますか。
あてはまるものをお答えください。(全体1200人)


1位になったのは、「交際したことないし、抵抗もある」(42.9%)でした。インターネットが普及し始めた頃にあった、いわゆる「出会い系」というサイト。そのネガティブなイメージがいまも続いているということであれば、少し残念な気がします。2位は「交際したことないが、抵抗もない」(24.4%)。4人にひとりの方の回答です。1位の回答と合わせると、抵抗ある・なしに関わらず、65%以上の方がネットを介して交際にまで発展した経験がないという結果になりました。3位は「交際したことあり、抵抗もない」(14.7%)、4位は「交際したことはあるが、抵抗がある」(7.9%)でした。交際まで発展した方の合計は22.6%。5人にひとりの方はネットを介して交際まで発展しているということです。また、2位の「交際したことないが、抵抗もない」(24.4%)と合計すると、抵抗感のない方は全体の39.1%に。「ネットでの出会い」に抵抗感がない人も、10人中4人の割合でいることがわかります。興味深いのは、交際までこぎつけても「抵抗がある」と回答されている約8%の方。交際までつながった約33%の方は、恋愛が成就してもどこか心にひっかかるものがある…と感じているということでしょうか。
 

男性は「抵抗ない」が5割以上。女性でも 4人にひとりは「抵抗ない」。 

次に、この結果を男女別に見てみましょう。早速、結果をご覧ください。

■SNSやインターネットでの出会いに抵抗はありますか。また、実際に交際に発展したことはありますか。
あてはまるものをお答えください。(男性600人)

■SNSやインターネットでの出会いに抵抗はありますか。また、実際に交際に発展したことはありますか。
あてはまるものをお答えください。(女性600人)

男女別に見てわかるのは、全体では2位だった「交際したことないが、抵抗もない」(34.0%)が男性では1位になったこと。2位の「交際したことないし、抵抗もある」(32.3%)とは僅差ですが、男性の「ネットでの出会い」に対する抵抗感が低いことがわかる数字です。ここに、3位の「交際したことあり、抵抗もない」(17.7%)を加えれば、男性の半数以上(51.7%)は「ネットでの出会い」に抵抗を感じていないことがわかります。

一方、女性の1位は全体と同様に「交際したことないし、抵抗もある」でしたが、その回答率は53.5%と全体の回答を10%以上も上回っていて、2位の「交際したことないが、抵抗もない」(14.8%)に40%以上も差をつけての1位です。4位の「交際したことはあるが、抵抗がある」(10.5%)と合わせれば、実に6割以上。女性の「ネットでの出会い」に対する抵抗感が大きいことを裏付ける結果になりました。しかし、女性の場合でも「抵抗がない」と回答された方の合計が4人にひとりの割合(26.5%)にのぼることにも注目しましょう。

いまの時代、「出会いを求めたいのに出会える場や機会がない」と思っている方が少なくないのかもしれません。その中で、ソーシャルやインターネットを利用した「出会い」が、選択肢のひとつとして捉えられてきているのではないでしょうか。そこには、携帯端末の普及や、安心して利用できるサービスが増えてきた背景もあるのだと思います。

出会った日が記念日として記録される、ネットは現代のお見合いの場。

以上、アニヴェルセルによる「ネットでの出会い」についての調査結果でした。
交際に発展したことがある・ないを問わず、男性の半数以上、女性でも4人にひとりの方が「ネットでの出会い」に抵抗を感じてないという結果を、皆さんはどう捉えますでしょうか?
それを後押しするように、街コンや婚活サイトなど、ネットの世界では次々と新しい「出会い」のサービスが登場しています。おそらくインターネットは、現代のお見合いの場としてこれからも活用されていくことでしょう。

東京・表参道や横浜・みなとみらいをはじめ、全国14ヵ所に結婚式場を展開するアニヴェルセルは、社名のアニヴェルセルがフランス語で記念日という意味から、「幸せは、祝福されると記念日になる。」をブランドメッセージとして掲げています。
  

「幸せは、祝福されると記念日になる」。

 
「ネットでの出会い」には、国際結婚のようなネットを介さずにはあり得なかったような出会いも次々と生まれています。アニヴェルセルでは、そんな新しい時代の「出会い」を祝し、Facebookで知り合った「日本」と「台湾」のカップルが国境を越え、家族が見守る中でおこなわれた、心温まるサプライズプロポーズをお手伝いさせていただきました。

「ネットでの出会い」で、誰もが認める利点があるとすれば、それはおふたりの出会いの日が自動的に記録されることではないでしょうか。何気なくクリックしたその日が、気がつけば生涯の記念日になることも。それがこれからの「お見合い」のかたちなのかもしれません。どうかその日を大切に。


■台湾と生中継!国境を越えた家族で贈る『ファミリープロポーズ』 スペシャルムービー:Youtube URL https://youtu.be/i4hHiurBEe8

 


レポート記事のご案内

当リリースの内容をもとに、アニヴェルセルの編集スタッフが一般のお客様に読みやすい記事へと編集したレポートを公開しています。こちらで使用している記事およびグラフやイラストなども、当社のリリースであることと、当該掲載記事へのリンクを掲載いただける場合は、自由にご利用いただけます。合わせてご利用ください。


調査概要
表題 「結婚・結婚意識」に関する実態調査
調査方法 インターネット調査
調査期間 2016年3月18日~3月23日
調査対象 全国23歳~39歳男女1200名
アニヴェルセル株式会社について

1986年創業。「幸せは、祝福されると記念日になる。」を企業コンセプトに、全国14か所のウエディング施設の運営、記念日を軸とした商品の販売並びにサービスの提供を行っています。2010年10月、商号をフランス語で「記念日」を意味する『アニヴェルセル』に変更、これにあわせて2011年1月より全店舗の施設名称も『アニヴェルセル』に統一いたしました。
フランスで活躍した画家マルク・シャガールの代表作「アニヴェルセル」は、最愛の恋人ベラが突然訪れ、シャガールの誕生日を祝う感動のシーンです。そこに描かれているのは、ふたりの愛に満ちあふれた感動と祝福の時間であり、当社が理想とする最高の記念日のあり方でもあります。

本リリースに関するお問い合わせ・ご取材依頼先

アニヴェルセル株式会社 広報・PR担当

mail pr@anniversaire.co.jp
Tel 045-948-6396
Fax 045-948-6923
  • 全国14会場のご案内
  • お問い合わせフォーム
  • 採用情報
  • AOKI Group
  • AOKIグループ スタッフブログ