本文へジャンプ

プレスリリース&トピックス

「アニヴェルセル総研」第27弾、結婚意識調査
男女の結婚相手に関する本音を大調査!
意外?!600人の既婚者の実態が明らかに…


2016年2月16日
アニヴェルセル株式会社

 ゲストハウスウエディングを展開しているアニヴェルセル株式会社(代表取締役社長 平井 雅丈)は、継続的に実態調査を行い、ホームページ上に設置したコンテンツ「アニヴェルセル総研」に調査結果を公開しています。
 第27弾は、全国の23歳から39歳の既婚男女600名を対象に調査を行い、「もう一度結婚するならどんな人?」の質問に対しての回答を以下のレポートにまとめています。
 アニヴェルセル株式会社では、「幸せは、祝福されると記念日になる。」というコンセプトのもと、「アニヴェルセル総研」を通して、結婚に関する興味喚起を訴求してまいります。

 

選ぶのは今の配偶者に似たタイプ?
「結婚はしない」と回答した人の割合は?

人生に「たら」「れば」は禁物。結婚に関していえば、「もし、もう一度結婚できたら…」と考えることなどもっての外です。とはいっても、考えたことのある方も少なくないかもしれません。
恋は盲目。おつきあいをしているときは見えなかったお相手の長所や短所を、すべてあからさまにしてしまうのが結婚生活。そして、お相手の言動に腹がたったときなど、つい考えてしまうのが「もう一度結婚できるなら…」です。
でも、本当にもう一度結婚するとしたら、お相手はやはりいまの夫(妻)に似たタイプの方を選ぶのでしょうか。あるいはまったく逆のタイプでしょうか。

 
結局、選ぶのは今の配偶者!? お相手の欠点が埋まれば大丈夫という人は?


それでは早速、300人の既婚男性の回答から見ていきましょう。

■もし、もう一度結婚できるとしたら誰と結婚したいですか?


1位になったのは、「もう一度結婚できても、今の配偶者を選ぶだろう」。実に40.0%の方の得票です。2位の「今の配偶者 の欠点が埋まればいい」(19.3%)と3位の「今の配偶者と似たタイプ」(17.3%)の方を合わせれば、8割近くの方が「今の 配偶者」を基準に考えていることがわかります。

以下、4位「結婚はしない」(12.3%)、5位「今の配偶者と正反対のタイプ」(10.7%)がそれぞれ約1割、少数回答として6 位「自分の母親と似たタイプ」(0.3%)が入りました。

5位の「今の配偶者と正反対のタイプ」という回答も、実は「今の配偶者」を基準にしたものに他なりません。こうして見ると、 「次の結婚」を考えるときにも、「今の配偶者」の影響がいかに大きいかということがおわかりいただけると思います。


つづけて、300人の既婚女性の回答をご紹介します。

■もし、もう一度結婚できるとしたら誰と結婚したいですか?

4位「今の配偶者と正反対のタイプ」と5位「結婚はしない」の逆転はありますが、その他の順位は男性と同様でした。しかし、 得票率を見ると少々異なるようです。

2位の「今の配偶者の欠点が埋まればいい」は、男性よりも10%ほど多い29.0%の得票でした。この数字は、男性よりも女 性の方が、お相手の欠点に敏感である一方、その欠点さえ克服すれば、配偶者はいまの夫を除いて他にない! という心 中を物語っているのではないでしょうか。

また5位の「結婚はしない」は逆に男性の約半数となる5.7%の得票でした。「もう結婚はこりごり」とお考えなのは、女性より男 性の方が多いのかもしれません。
 

添い遂げることの美しさ。結婚は毎日が記念日の積み重ね。


以上、アニヴェルセルによる「もう一度結婚するならどんな人?」についての調査結果でした。今回のアンケートは、未婚の 方には想像の域でしかないと思いますが、男女ともに8割以上の方が「今の配偶者」を中心に考えられているとの回答に安 心されたのではないでしょうか。 東京・表参道や横浜・みなとみらいをはじめ、全国14ヵ所に結婚式場を展開するアニヴェルセルは、社名のアニヴェルセル がフランス語で記念日という意味から、「幸せは、祝福されると記念日になる。」をブランドメッセージとして掲げています。
 

「幸せは、祝福されると記念日になる」。

 

生涯独身を貫いた往年のハリウッド映画女優、グレタ・ガルボはいっています。「結婚をしないで、私はなんて馬鹿だったんでしょう。 これまで見たものの中で最も美しかったものは、 腕を組んで歩く老夫婦の姿でした」。結婚の美しさは、一生を添い遂げることにあるとガルボは思ったのでしょう。長い人生をおふたりで一緒に積み上げていく。結婚とは毎日がおふたりにとっての記念日。どうか一日一日を大切に。

 


レポート記事のご案内

当リリースの内容をもとに、アニヴェルセルの編集スタッフが一般のお客様に読みやすい記事へと編集したレポートを公開しています。こちらで使用している記事およびグラフやイラストなども、当社のリリースであることと、当該掲載記事へのリンクを掲載いただける場合は、自由にご利用いただけます。合わせてご利用ください。


調査概要
表題 「結婚意識」に関する実態調査
調査方法 インターネット調査
調査期間 2015年9月30日~10月1日
調査対象 全国23歳~39歳既婚男女600名
アニヴェルセル株式会社について

1986年創業。「幸せは、祝福されると記念日になる。」を企業コンセプトに、全国14か所のウエディング施設の運営、記念日を軸とした商品の販売並びにサービスの提供を行っています。2010年10月、商号をフランス語で「記念日」を意味する『アニヴェルセル』に変更、これにあわせて2011年1月より全店舗の施設名称も『アニヴェルセル』に統一いたしました。
フランスで活躍した画家マルク・シャガールの代表作「アニヴェルセル」は、最愛の恋人ベラが突然訪れ、シャガールの誕生日を祝う感動のシーンです。そこに描かれているのは、ふたりの愛に満ちあふれた感動と祝福の時間であり、当社が理想とする最高の記念日のあり方でもあります。

本リリースに関するお問い合わせ・ご取材依頼先

アニヴェルセル株式会社 広報・PR室:須崎ゆかり、三羽(みつわ)美幸

mail pr@anniversaire.co.jp
Tel 045-948-6396
Fax 045-948-6923
  • 全国14会場のご案内
  • お問い合わせフォーム
  • 採用情報
  • AOKI Group
  • AOKIグループ スタッフブログ