本文へジャンプ

プレスリリース&トピックス

夢見ていた、子供と一緒の結婚式…ついに叶いました!
『パパママ・キッズ婚』ドキュメンタリー動画を公開


2016年3月31日
アニヴェルセル株式会社

AOKIグループで、ゲストハウスウエディングを展開しているアニヴェルセル株式会社(代表取締役社長:平井 雅丈)は、子どもと一緒に行う結婚式「ファミリーウエディング(パパママ・キッズ婚)」が近年増加する中、その結婚式の感動をより多くの方に知って頂きたいという想いのもと、1組のファミリーの夢を叶える結婚式を「アニヴェルセル 立川(東京都立川市幸町1-18-1)」でお手伝いしました。そして、式当日までの様子を描いた感動の密着ドキュメンタリームービー『パパとママの結婚式』をWeb上で公開しました。



「アニヴェルセル 立川」で実施した結婚式の様子:http://tachikawa.anniversaire.co.jp/movie/report01

【本プロジェクトの企画背景『パパママ・キッズ婚プロジェクト』】

お子さまと一緒に結婚式を挙げてみたい”ファミリーに向けて「あなたの想いを実現する『パパママ・キッズ婚』プロジェクト」を2015年6月に始動。これまで結婚式を挙げられていなかったファミリーを公募し、多数の応募の中から審査で選ばれた1組の結婚式を2016年2月に実施しました。

■共同発起人:ミキハウス子育て総研株式会社(本社:大阪府八尾市 代表取締役社長:藤田 洋)
■後援:マイナビウエディング(運営:株式会社マイナビ 本社:東京都千代田区 代表取締役社長:中川 信行)


【あるファミリーの結婚式までを「1歳の子どもの目線」で描くドキュメンタリームービー『パパとママの結婚式』】

今回マイナビウエディングでは、「パパママ・キッズ婚プロジェクト」で選ばれたファミリーの結婚式当日までに密着し、そのファミリーの結婚式への想いを綴ったドキュメンタリームービーを制作。楽曲は“泣ける曲”で話題の3人組ユニットWHITE JAMが初のオリジナルウエディングソング『ONE 4 YOU』を書き下ろし、監督にはドキュメンタリックな演出を得意とする志真健太郎さんを起用しました。

結婚と妊娠・出産が重なり、結婚式を諦めていた夫婦。しかし「子どもが1歳になるころまでには、家族そろって結婚式をしたい」「自分が親になって初めて分かった、親への感謝の気持ちを伝えたい」、そんな想いが心の奥にありました。その家族が憧れの結婚式をかなえるまでの物語を、1歳の子どもの目線で描き、家族の絆を感じられる内容となっています。動画はマイナビウエディングサイト上で公開しています。

■結婚式情報サイト『マイナビウエディング』:http://wedding.mynavi.jp/contents/special_contents/family_movie/
■Youtube 動画URL: https://youtu.be/KSltJ1HETnM


[補足:業界初、運営する全店舗が「ウェルカムベビーの結婚式場」として認定]
  
 当社は、ブライダル業界では初めて、運営している全14店舗が乳幼児の受け入れ態勢が整っている施設「ウェルカムベビーの結婚式場※」として認定され、年間400組以上のマタニティウエディング、パパママ・キッズ婚を手掛けており、その婚礼組数は、この2~3年120%の割合で増加傾向となっています。お子様と新郎新婦はもちろん、お子様連れのゲストも気兼ねなく、心から楽しんでいただきたいという想いから、お子様の安全をしっかり考えた結婚式を提供できるよう努めています。

アニヴェルセルは、今後も「幸せは、祝福されると記念日になる。」をコンセプトに、パパママ・キッズ婚のサポート体制を強化し、地域社会・経済の発展に寄与してまいります。

※「ウェルカムベビーの結婚式場」認定とは

新郎新婦に子どもがいる場合や、赤ちゃん連れの親戚や友人を呼びたい新郎新婦の式場選びの選択の幅を広げ、参列するママが困ったり、肩身の狭い思いをしなくてすむ、和やかで心温まる結婚式・披露宴を応援する取り組みです。

「子育て支援」の民間シンクタンク、ミキハウス子育て総研株式会社が行う認定評価制度「ウェルカムベビーの結婚式場」において、50項目からなる乳幼児の受け入れ態勢が整っている結婚式場・披露宴会場の基準を満たす結婚式場としてアニヴェルセル全14店舗は認定をされています。

■『アニヴェルセル ウェルカムベビーウェディング』


アニヴェルセル株式会社について

1986年創業。「幸せは、祝福されると記念日になる。」を企業コンセプトに、全国14か所のウエディング施設の運営、記念日を軸とした商品の販売並びにサービスの提供を行っています。2010年10月、商号をフランス語で「記念日」を意味する『アニヴェルセル』に変更、これにあわせて2011年1月より全店舗の施設名称も『アニヴェルセル』に統一いたしました。
フランスで活躍した画家マルク・シャガールの代表作「アニヴェルセル」は、最愛の恋人ベラが突然訪れ、シャガールの誕生日を祝う感動のシーンです。そこに描かれているのは、ふたりの愛に満ちあふれた感動と祝福の時間であり、当社が理想とする最高の記念日のあり方でもあります。

本リリースに関するお問い合わせ・ご取材依頼先

アニヴェルセル株式会社 広報・PR室:須崎ゆかり、三羽(みつわ)美幸

mail pr@anniversaire.co.jp
Tel 045-948-6396
Fax 045-948-6923
  • 全国14会場のご案内
  • お問い合わせフォーム
  • 採用情報
  • AOKI Group
  • AOKIグループ スタッフブログ