閉じる

お気に入り

お気に入りとは?

お気に入りの記事や、あとで読みたい記事をここに保存することができます。
ハートアイコンを押すと、記事をお気に入りに追加できます。もう一度ハートアイコンを押すと、お気に入りを解除できます。

※「お気に入り」は、ご利用ブラウザのCookie機能を利用します。ご利用の際は、ブラウザの設定でCookieを受け付ける状態に
なっているかをご確認ください。なお、お気に入りデータの保持は1年間となります。

フェイスタオル,バスタオル,サイズ
Tips

入浴後はバスタオルとフェイスタオル、おすすめはどっち?収納場所・洗濯事情がポイント!

2022年5月11日

ライター 佐藤

「バスタオル」と「フェイスタオル」。タオル地を使った製品はほかにもいろいろありますが、ご家庭で使用する主なタオルと言えばこの2つですよね。

ところで、みなさんのご家庭では、お風呂上りに使用するタオルはどちらでしょうか。

古くから入浴の習慣があった古代ローマでは、バスタオルのようなものが使用されていたと言われています。やはり名前の通り、入浴後に使用するタオル=バスタオルというイメージが強いですが、最近では、フェイスタオルを使う方も増えているようです。その理由とは?

そこで今回は、入浴後に使用するタオルについて、バスタオルとフェイスタオル、それぞれの良さをまとめてみました。

それぞれのサイズは?バスタオルとフェイスタオルの違い

フェイスタオル,バスタオル,サイズ

顔や手をふいたりする時などに使用する「フェイスタオル」と、入浴後など全身をふく際に使用する「バスタオル」。大きさが異なることはご存じかと思いますが、実際のサイズはどれくらいなのでしょうか。

まずは、それぞれの一般的なサイズを確認してみましょう。

◎フェイスタオルのサイズ…約34cm×85cm
◎バスタオルのサイズ…約60cm×120cm

フェイスタオルもバスタオルも、メーカーや商品によって縦横の長さは前後する場合はありますが、日本で販売されているものはだいたいこのサイズ前後になっています。

入浴後にバスタオルを選ぶ理由は?メリットとデメリット

フェイスタオル,バスタオル,サイズ

お風呂上りに使うタオルに「バスタオル」を選ぶ方が多いのではないでしょうか。年齢性別問わず、バスタオル派の方に理由を聞いてみました。

●髪の毛はもちろん全身を1枚でふけるから。
●お風呂から上がったら全身の水分をすぐに取りたいから。
●髪が長いのでバスタオルのサイズじゃないとふききれない。
●サイズが大きいので体もふきやすい。
●子供はすぐに動き回るのでバスタオルのほうが一気にふきやすい。
●お風呂上りにバスタオルで体を包める安心感がある。

バスタオルの良さはなんと言っても、髪の毛も含み、全身を1枚でしっかりふくことができること!ふわっとしたバスタオルに素肌で包まれる感覚はとても気持ちいいですよね。近年、使うたびに肌当たりがやわらかくなる、ふわふわになるなどのタオルも登場し、お風呂上りの使用感にこだわってタオル選びをする方もいらっしゃるはず。

一方で、バスタオルのサイズが大きいことが、“ある点”においてはデメリットになることも…。

●家族5人一人ひとりバスタオルを使うので毎回洗濯が大変。
●洗濯機に乾燥機能がついていないので梅雨シーズンは特に乾きにくい。
●とにかくかさばる。収納に困っています。

フェイスタオル,バスタオル,サイズ

使用感は文句なし!ですが、ご家族が多ければ、使うバスタオルの枚数も増えるため、洗濯や収納に関しては、特に苦労している方も多いようです。

ただし、洗濯乾燥機がある、収納場所が確保されていて余裕があるというご家庭では特に問題はないと感じているのも事実。では、フェイスタオル派の方の意見はどうしょうか。

入浴後にフェイスタオルを選ぶ理由は?メリットとデメリット

フェイスタオル,バスタオル,サイズ

お風呂上りに「フェイスタオル」を使う方は、どこに良さを感じているか聞いてみたところ、次のようなことが挙がりました。

●家族が多くて使う枚数も多いけど、フェイスタオルだから洗濯が楽。
●厚手のフェイスタオルなら十分ふける。
●髪をふく用、体をふく用の2枚使ってもバスタオルより洗濯する手間は少ないから。
●夜使って朝洗濯するまでタイムラグがあるけど、ハンガーにかけておけば翌朝までに乾いているのでなんとなく衛生的にも良さそうだから。
●洗濯後も乾きやすい。
●コンパクトに収納できる。

バスタオルのデメリットとして挙がっていた「洗濯」と「収納」に関する悩みが、フェイスタオルにすることでほとんど解消!洗濯は、ご家族が増えると洗濯機を回す頻度も洗濯量も増えていく家事。できる限り減らしたい…と考える方にとって、入浴後に使うタオルをフェイスタオルにすることはメリットが多数あるようです。

ただし、もちろんすべてに満足しているわけではないようです。フェイスタオルのデメリットとは?

●全身使うとびっしょりしてしまうのがちょっと嫌。
●一気にふけないし、背中にふき残しがある。
●薄手のタオルだと全身と髪をふくのには不十分。

フェイスタオル,バスタオル,サイズ

そもそも顔や手など部分的に濡れたところをふくためのフェイスタオル。バスタオルなら髪の毛から全身まで余裕でふけるのに、フェイスタオルのサイズで全身はけっこうギリギリ。

でも、少し厚手のタイプを使う、多少水分が残っていても気にならない、使用後すぐに洗濯をするという方は、入浴後はフェイスタオルでも十分と思っているようです。

バスタオルとフェイスタオルの“中間”サイズも便利!

フェイスタオル,バスタオル,サイズ

ここまで読んで、「やっぱりバスタオルがいい」「フェイスタオルもいいかも?」という方に、もうひとつ情報を!

最近は、2つのタオルの“中間”にあたる「ミニバスタオル(スモールバスタオル)」も販売されています。縦横サイズは多少前後しますが、一般的なサイズはだいたい50cm×100cmのようです。

☆フェイスタオルのサイズ…約34cm×85cm
★ミニバスタオルのサイズ…約50cm×100cm
☆バスタオルのサイズ…約60cm×120cm

1枚の大きさの差はわずかですが、ご家族で使える数枚分をそろえる…となると洗濯にも収納にも大きな違いが出てくるはず。

たとえば、バスタオル派の方なら、大人用はバスタオル&子供用はミニバスタオル、あるいは、「フェイスタオル派だけど髪が長いから1枚で済ませたい」という方はミニバスタオルを選んでみてはいかがですか?

フェイスタオル,バスタオル,サイズ

「家族分のタオルを洗濯するのが大変」「洗濯量は増えるけど使用感を優先させたい」など、入浴後に使うタオルは、ご家庭のさまざまな事情によってベストが変わってくるため、バスタオルとフェイスタオルのどちらがいいとは言い切れません。

ただ、現在バスタオルを使用していて、先に挙げたデメリットを感じているようなら、一度、フェイスタオルを試してみてはいかがでしょうか。

お風呂上りに使うタオル。小さなことですが、毎日のことだからこそ、ちょっぴり不満を感じている方はこの機会に見直して、ご家族が気持ちいいと感じるタオルをぜひ見つけてみてくださいね。

キーワード

ライター 佐藤

女性誌WEBサイトのエディター&ライターを経て、フリーに。現在は、美容やライフスタイルを中心に女性向けの記事やエンタメ系グラビア誌のインタビューも担当。

関連記事

結婚後のマンション購入で「中古物件をリノベーションする」メリットとは

感動の瞬間を映像で!結婚式エピソードムービー12選【7月21日「ウェディングビデオの日」】

子供が喜ぶ誕生日の飾り付けアイデア集【キッズパーティの装飾・演出】

新着記事

結婚後のマンション購入で「中古物件をリノベーションする」メリットとは

【パーソナルカラー診断】自分に似合うカラードレスの選び方は?

お色直しの髪型におすすめ♡ヘアアクセサリー10選!【今週のスタスナ】

ページトップへ