閉じる

お気に入り

お気に入りとは?

お気に入りの記事や、あとで読みたい記事をここに保存することができます。
ハートアイコンを押すと、記事をお気に入りに追加できます。もう一度ハートアイコンを押すと、お気に入りを解除できます。

※「お気に入り」は、ご利用ブラウザのCookie機能を利用します。ご利用の際は、ブラウザの設定でCookieを受け付ける状態に
なっているかをご確認ください。なお、お気に入りデータの保持は1年間となります。

Tips

インスタグラムでも話題の『Arêve』♪ウエディングドレスの新作が登場

2019年6月12日

ライター 佐藤

新作が発表されるたびにインスタグラムで話題となっている、アニヴェルセルのオリジナルドレスコレクション『Arêve』(アレーヴ)』。このドレスは、アニヴェルセルと、ウエディング総合プロデュース企業のTAKAMI BRIDAL(タカミブライダル)のコラボレートとして誕生し、今年で3年目になります。

Arêveってどんなコンセプトで作られたドレスなの?

(写真は第2弾/2018年発表のもの ※左:ビアンカ、右:ブルー・ミーティア)

『Arêve』のドレスには、TAKAMI BRIDALのスタイリストとアニヴェルセルのプランナーたちによる、「アニヴェルセルの花嫁様のためだけのドレスを」という想いが込められています。

たとえば、スタイリストやプロデューサーは普段お客様と接する機会が多いのですが、「このドレスのデザインはすごく気に入ったけど、袖があればもっと良かったのに…」や「大人でも着られる落ち着いたピンクのカラードレスはないの?」といった、花嫁様の「こんなドレスがほしい」という声から、誕生しているドレスばかりなのです。

お客様の声を参考に、スタッフがドレスのデザインから素材(生地など)まで考え、他会場では実施されていないオンリーワンを目指した『Arêve』は、まさに“夢”(reve)が詰まったドレス!

(第2弾として登場したカラードレス「Rose Marry me」はアニヴェルセル全店舗で人気の一着。「大人でも着やすいピンクを」と、ローズクォーツ×ラベンダー翡翠の柔らかな色合いを採用し、アシンメトリーな縦フリルのスカートは角度によって表情を変えるスイートなドレスです)

2019年のArêve新作は4デザインのウエディングドレス

(写真は第3弾/2019年の新作)

第3弾となる2019年の『Arêve』では、ウエディングドレス4デザインが新作として仲間入り。クラシカルなオフショルダーとウエストラインを美しく見せてくれる王道の一着や、ビッグラインにフラワーモチーフをあしらいシーンに合わせて変えられる3wayのドレスなどがあります。

注目は、『Arêve』初登場の“マーメード”タイプ! このドレスは、デザインからドレス生地選びなどをアニヴェルセル 表参道店のプランナー木下さんと、TAKAMI BRIDAL表参道店の内藤さんが考えたそう。 そこでおふたりに、2019年の新作ウエディングドレス「Love me true」に込めた想いを伺いました。

デザインのヒントはアニヴェルセル人気No.1ドレス『シュマーレーン』から

Q 『Arêve』のデザインを考える際に一番大切にしていることを教えてください。

【木下さん】プロデューサーという仕事柄、お客様がどんなドレスを探しているかというお声を耳にする機会も多いので、『Arêve』のデザインを考える際は、できるだけお客様の要望をひとつでも多く叶えられるようなドレスになるように心がけています。

Q 2019年の新作ウエディングドレス「Love me true」は、木下さんと内藤さんがドレスデザインや素材選びなどをされたそうですが、こだわりのポイントを教えてください。

【木下さん】アニヴェルセル 表参道は祭壇が高いため、長いトレーンが(祭壇の)階段に広がり、ブルーによく映えるし、スタイルアップも叶います。お客様のほとんどが、「チャペルに映えるドレス」を求めていらっしゃるため、アニヴェルセル 表参道で挙式をお考えのお客様は、ほぼ“ロングトレーン”をご希望されています。今回の新作では「マーメードドレス」というお題があったので、ロングトレーンを特徴にした既存の人気ウエディングドレス「シュマーレーン」の“マーメード版”にしてみてはどうかと思い、そこからヒントを得て考えました。

【内藤さん】ヨーク(袖)は、取り外し可能なレースタイプです。透明でレースをちりばめた布地が肌になじむようなつくりになっているので、袖がついた状態でも透け感があって、全体の軽やかさをキープできます。

(胸元はハートカットに。写真左は袖を取り外した状態で、右は袖ありの状態。袖ありタイプは、レースを貼り付ける布地の肌色や袖のカッティングにもかなりこだわったそう)

逆に、胸元はハートカット、背中は肩甲骨下あたりまで開けるなどして、鎖骨や肩甲骨のラインが見えるようになっています。「Love me true」は、上半身から膝上まではボディラインで女性らしさを出し、足元はたっぷりのチュールで華やかに仕上げてあります。これにロングトレーンを組み合わせることで、アニヴェルセルにしかない特別なマーメードドレスが完成しました。

そして一番のポイントは、取り外しアレンジ可能で、刺繍を贅沢に使ったロングトレーンです。ドレスの切り替えしの裾にも軽やかでやわらかなチュールを使い、女性らしいボディラインは引き立てつつ、ドレスの裾やロングトレーンでチャペルに映える華やかさが出るようになっています。

また、インポートドレスを日本人の体型に合うようにアレンジしているのですが、長時間座っていても負担にならない、胸元から下着が見えないように1cmだけレースをのせる…など、見た目だけでなく、ドレスを着る花嫁様のことを考えて細部まで調整しています。

(写真は「Love me true」のトレーン+袖ありの場合)

お話の最後に、日頃からさまざまなドレスを見てきているスタイリストの内藤さんですが、「完成したこのドレスを見て、自分が担当しているお客様に『早くご紹介したい!』と、私たちスタイリストも店頭に並ぶ日を心待ちにしています」と教えてくれました。

また、ウエディングプロデューサーの木下さんは、ドレスにもわりと詳しい様子。聞くと、「ドレスのデザインや素材、トレンドについてデザイナーさんやスタイリストさんのように詳しくはないのですが、お客様にドレスをご提案したり、質問を受けることも多いので、個人的にSNSなどで人気のドレスをチェックしたりしています。それもあって、社内では“衣裳(ドレス)に強いプロデューサー”というのは自負しています(笑)」とのこと。結婚式場にこんなプロデューサーがいるのはとても心強いですよね。

人気はカスタムタイプ。ロングトレーンはマスト!

続いて、「Love me true」以外の3デザインについて、スタイリストの内藤さんにこだわりのポイントをお聞きしました。

腰元からふわっと広がるビックラインドレス!「シャルム」

クラシカルなオフショルダーの袖に、重厚感あるサテン素材を合わせた王道のドレス。後ろのリボンは取り外し可能です。ハリのある素材なので、立体的なリボンが後ろ姿を印象的に仕上げてくれます。※バックスタイルはリボンありの場合です。

3wayカスタムが魅力の「アンジェリック」

オーガンレースを幾重にもレイヤードしているので、歩くたびに軽やかにフリルが揺れる可愛らしいドレス。胸元のレースと袖が取り外しできたり、スカートの長さを変えられたりと、シーンに合わせて3wayカスタムも可能です。※バックスタイルはトレーンありの場合です。

キラキラ×プリーツチュールの「フェリシテ」

繊細なイリュージョンレースのスリーブを纏い、洗練されたエレガントかつスタイリッシュな一着。プリーツチュールのレースを使ったスカートは上品なボリュームに加えて、角度によって輝く仕様になっているので一層華やかさを演出できます。※バックスタイルはトレーンありの場合です。

「アニヴェルセルで式を挙げるお客様からは、シーンによってパーツが取り外しできるカスタムタイプのドレスが人気です。今回のデザインに共通しているポイントは、取り外しできる“ロングトレーン”がついていたり、リボンやヨーク(袖)などによってアレンジ自在なところです。どのドレスもチャペルに映える華やかな姿を演出してくれます」(内藤さん) 2019年の『Arêve』新作ドレスは、6月15日からレンタルがスタートします。第1弾・第2弾のカラードレスなども揃っておりますので、詳しくはTAKAMI BRIDALにお問い合わせの上、ご興味がある方はぜひご試着をされてみてくださいね。

ライター 佐藤

女性誌WEBサイトのエディター&ライターを経て、フリーに。現在は、美容やライフスタイルを中心に女性向けの記事やエンタメ系グラビア誌のインタビューも担当。

関連記事

11月22日はペットたちに感謝する日。大切な家族だから結婚式で「ありがとう」を伝えよう!

結婚式をゲストと一緒に楽しみたい!「これいいね!」なサプライズ演出紹介

ウェディングケーキはどんなデザインにする?インスタで見つけたおしゃれアイデア

新着記事

「夏祭り」をテーマに花火や盆踊りも♪特別な夏の記念日レストランに

ご家族の絆を深めるお手伝いを【みなとみらい横浜店「プレミアムパーティ2020」】

11月22日はペットたちに感謝する日。大切な家族だから結婚式で「ありがとう」を伝えよう!

ページトップへ