MINATOMIRAIみなとみらい横浜
WEDDING REPORT

#WEDDING REPORT

最高の立地とホスピタリティ。「ゲストを喜ばせたい」が叶う場所

Mr.&Mrs.Nogami

大学時代のサークル仲間だったおふたり。そこから約8年の歳月を経てご結婚されました。温厚な光様としっかりものの惟様の息がぴったりで、やりとりを見ているだけで幸せな気持ちになれる、素敵なご夫婦です。

披露宴会場:
ヴィラ スウィート
挙式スタイル:
キリスト教式

アニヴェルセル みなとみらい横浜の好きなところを教えてください。

光さままずはやっぱりロケーションですね。遠方からのゲストも多かったのですが、「あそこでやるんだ!?」とか「おお、あの場所に自分もゲストとして参加できるんだ!」と言ってくれた方が多くいました。「みなとみらいといえば」の景色に必ず入ってくるような場所なので。

惟さま「結婚式に来てくれた方々に喜んでもらいたい」という想いが強かったので、施設内の導線がとてもしっかりしているところもありがたいポイントでした。たとえばゲストの方々がフラワーシャワーをしてくださった後、すぐ近くの披露宴会場に、他の式の人たちと会うことなく移動できることとか。

光さま他にも、お手洗いが披露宴会場ごとに専用だったり、ゲストの控室も専用の部屋なので他の会場の人と会うことがなかったり。アニヴェルセル以外の式場もいくつか見たのですが、やっぱりそこは結婚式を専門にやっている会場の強みだなと思いました。

惟さま青いバージンロードも良かったです。当初はバージンロードといえば赤かなと思っていましたが、見学の時に実際に見て、きれいだな…と。そのときに「はてしなく続く空や海のように、青は “永遠の愛”を意味している」というのもスタッフに教えていただきました。

光さまそれと、漠然と「披露宴のお色直し後の入場は階段から降りてきたい」というイメージを持っていたので、見学のときに「ヴィラ スウィート」に階段があるのを見た瞬間、「あ、これだ!」と思いました。

スタッフの対応はいかがでしたか?

光さま我々を担当してくださったプロデューサーの方には、本当にいろいろなご提案をいただきました。結婚式を一緒に作り上げている感じがすごくありました。

惟さまたとえば結婚式の費用のこととか、聞かれたら普通は困るような質問にも、プロデューサーさん個人としてのご意見をくれました。仕事相手というより、一個人として接してくださっている感じがして、嬉しかったです。まるで自分ごとのように考えて行動してくださっているのがひしひしと伝わってきて、感動を覚えることが何度もありました。

光さま打合せに関しては、コンサルテーションという模擬披露宴を含め計4回と聞いていて、はじめはそんなに少なくて大丈夫かな?と感じました。でもいざ準備を進めてみると、会員用のWEBページで常にやりとりができるし、直接連絡し合うこともあったりして、打合せの回数は全く問題ありませんでしたね。おかげで家でどんどん作業を進められたし、打合せの時も1回でさまざまな担当の方と密に詰められました。毎週のように会場に足を運ぶ必要がなかったので、むしろありがたかったです。

惟さま家族やゲストの方々からは、当日のスタッフさんたちのホスピタリティがすごく良かったと言ってもらえました。たとえば妊婦さんのゲストにノンカフェインのルイボスティをサーブしてくださったり、小さいお子様を抱っこしながら食事するゲストに「食べやすいようにお肉をお切りしましょうか?」と言ってくださったり。

光さまそうした当日の気配りがすごく行き届いていました。

惟さま「ゲストに喜んでいただきたい」という私たちの想いを、スタッフの方々が叶えてくれました。アニヴェルセル みなとみらい横浜にして本当によかったなと思います。

どのような結婚式になりましたか?

惟さま当日のテーマとしたのが、ディズニー映画の『魔法にかけられて』の世界観です。ラブリーすぎることなく、かわいいんだけどナチュラル、といったイメージでした。演出の内容はもちろん、お花やBGMにもその世界観を入れ込みました。

惟さまそれと、みなさんをおもてなししたいということで、食事に力を入れました。おかげさまですごく喜んでいただき、「いつも結婚式では料理を残すから着物で来たんだけど、ここは料理が美味しくて全部食べてしまい、帯がきつくて大変(笑)。今までの結婚式で一番美味しかった」と言ってくれたゲストもいらっしゃいました。あと、お酒にもこだわったよね。

光さまコンサルテーションのときに、アヤラというシャンパンの2010年ものを試飲したのですが、それをふとりともすごく気に入り、しかもふたりが出会ったのも2010年だったので、当日に乾杯酒としてお出ししたんです。それが大好評で、たくさんおかわりをしていただきました。

惟さまみなさん乾杯でいい感じに酔っ払っていただいて(笑)。ビンテージなので数が限られるのですが、スタッフさんがかき集めてくださったおかげで、何とか量が間に合いました。

光さまデザートビュッフェもよかったですね。披露宴会場のテラスに、デザートビュッフェにぴったりのスペースがあり、そこで小さなお子さんも含めみなさんがデザートをとって楽しそうにしていたのがとても印象に残っています。ぼくらもデーブルから立ち上がってゲストたちとざっくばらんにおしゃべりできました。デザートビュッフェは本当にやってよかった。

惟さま式の最中では感極まる場面もいろいろありましたが、泣かないようにけっこう耐えていました(笑)。でも最後の方で母に花束を渡す場面で、目の前で母が号泣しているのを見て、あらためて実感したんです。「あ、私、お嫁にいったのね」と。そこで私も耐えられずに泣いてしまいました。

おふたりにとって、結婚式とはなんですか?

惟さま27年間の人生で、一番幸せな一日でした。

光さま最高の日だったよね。本当に楽しくて、あっという間に終わってしまいました。

惟さまそして、共通の友人だけでなく、それぞれの中学・高校の友だち、職場の人たちが、目の前で一堂に会しているのを見て、とても感動しました。ふたりがこれまでの人生でお世話になった人たちが、こんなふうに同じ日、同じ空間で、同じものを食べるなんて、結婚式じゃないと絶対に実現しないことだよなって。

光さまフラワーシャワーのときも、披露宴中も、みんなが笑顔でお祝いの言葉をくださいました。こんなに大勢から温かい言葉をいただくことは、一生のなかでも結婚式以外にはないだろうなと思い、とても幸せな気持ちになりました。

惟さままさに、“魔法にかけられた”1日でしたね(笑)

レポート一覧に戻る