アニヴェルセル オリジナル婚姻届&出生届・命名書

おふたりらしい届書で、記念日をもっと素敵に

夫婦になる瞬間、家族が増える瞬間、その大切な記念日をちょっぴり彩りたい。そんな想いをこめて、つい写真を撮りたくなるような婚姻届・出生届をご用意いたしました。お好きなデザインを無料ダウンロード&印刷したら、そのままご提出できる便利でかわいい届書です。

オリジナル婚姻届

「#アニヴェルセル婚姻届」
おふたりの婚姻届をシェアしよう!

Instagramでもっと見る

※PDFを印刷される際には、一度ダウンロードされてから印刷してください。

婚姻届の書き方とお手続き

  1. STEP 1提出の際に必要なもの

    届出人の印鑑
    戸籍課窓口へ届け出る場合、記入事項に間違いがあったらその場で修正し、
    届出人の印鑑が必要になる場合があります。 
    戸籍謄本
    結婚前の本籍地とは異なる役所へ婚姻届を提出する場合、戸籍謄本が必要です。
    おふたりとも異なる場合はそれぞれの分が必要となります。(※戸籍謄本の有効期限は3か月)
    転出届
    転出が発生する場合に必要になります。
    身分証明書
    運転免許所、パスポート、写真付き住民基本台帳カードなどが必要となります。
  2. STEP 2婚姻届の記入の仕方

    用紙サイズ
    婚姻届は、必ずA3サイズの白紙に印刷してください。 
    届出日
    実際に役所に提出する日(土・日・祝日も可 )を記入します。
    氏名&届出人
    署名押印欄
    すべて旧姓で記入。署名欄は必ず本人が記入します。
    住所
    住民票に記載されている住所を記入します。世帯主は、住民票に掲載されている世帯主を書きます。
    婚姻後の夫婦の氏
    夫の姓にするのか妻の姓にするのかチェックします。
    新しい本籍
    夫婦となるおふたりの新しい戸籍の所在地を記入します。
    連絡先
    自宅や勤務先など昼間連絡が取れる電話番号を記入します。
    証人欄
    成人2名の署名・押印が必要です。

    ※間違えてしまった場合
    記入事項を訂正する場合は二本線で消し、上や下または近くに正しい内容を記入します。
    修正液や修正テープは使えないので注意。

    ▲サンプルを確認する

  3. STEP 3役所窓口へ婚姻届を提出

    誰が
    基本的にはふたり揃って提出しましょう。遠方の場合は郵送でもOKです。 
    いつ
    婚姻届は24時間、土・日・祝日も受け付けてもらえます。
    ※出張所などでは夜間受付をしていない場合があります。必ず事前に確認しましょう。
    どこで
    結婚前の本籍地(おふたりのうちどちらでもOK)、新本籍地、所在地いずれかの役所です。
    リゾート地(国内)で
    挙式する場合
    所在地には滞在地も含まれるため、その地の役所に届け出ることも可能です。

オリジナル命名書・出生届

「#アニヴェルセルbaby」
命名の瞬間をシェアしよう!

Instagramでもっと見る

命名書

出生届

命名書と一緒に撮影できる、
寝相アートシートも!

※PDFを印刷される際には、一度ダウンロードされてから印刷してください。

命名書と出生届について

  1. STEP 1命名書と出生届について

    命名書
    子どもの名前を「命名書」に書き、神棚やベビーベッドの枕元などに飾ります。
    最近では、記念に一緒に足形や手形を残しておくのも人気です。
    出生届
    赤ちゃんを戸籍に入れる手続きのため、役所へ提出する届出書です。
    出生届を提出・受理されると、法律上、子どもが生まれたことが認められ、父母の戸籍上に記載されます。

    出産後は赤ちゃんのお世話や、ママの体調を整えることが第一なので、
    命名書・出生届も妊娠中からお好みのものを準備しておくのが良いですね。

  2. STEP 2出生届の記入の仕方と提出物

    出生届と
    出生証明書1通
    出生届と出生証明書とは一体になっております。
    出生証明書は、出生届の右半分に出生した病院等の医師や助産師が記入し、署名押印済のもの。
    ※出生届は、必ずA3サイズの白紙に印刷してください。
    届出人の印鑑
    戸籍課窓口へ届け出る場合、記入事項に間違いがあったらその場で修正し、
    届出人の印鑑が必要になる場合があります。
    母子健康手帳
    母子健康手帳の「出生済み証明」という欄に、出生届が受理されたと記してもらいます。
    ※市役所閉庁時に届け出された場合、母子健康手帳に証明印を押印できないため、後日、再度役所に行くことになります。
    身分証明書
    運転免許所、パスポート、写真付き住民基本台帳カードなどが必要となります。
  3. STEP 3役所窓口へ出生届を提出

    誰が
    基本的には父もしくは、母となります。
    代理人による手続きも可能ですが、届出人は父若しくは母としなければなりません。
    出生届の届出人とは、必要事項を記入し、届出人署名欄に署名・押印をした人のことを指し、役所に書類を提出するだけの人とは異なりますので、注意しましょう。
    いつ
    出生届は、生まれた日を含む14日以内のの提出が義務付けられています。
    ※国外で出産した場合は3か月以内になります。
    どこで
    出生届の提出場所は、父母の本籍地、届人の現住所、出生地など、どこの市区町村の役所でも提出できますが、「子ども手当」「出産一時金」「児童手当」など各種申請するのに便利ですので、父母の住民票のある役所での提出をオススメします。

ウェディング会場一覧

CLOSE

CLOSE

CLOSE

CLOSE