本文へジャンプ

女性が年上の「姉さん女房」需要は!?

  1. アニヴェルセルTOP>
  2. 総研>
  3. 女性が年上の「姉さん女房」需要は!?

いま話題の「年の差婚」。あなたを受け入れる年下、年上のお相手はどのくらいいる?
女性が年上の「姉さん女房」需要は!?

11月22日は「いい夫婦の日」。アニヴェルセルでは昨今話題の「年の差婚」について調査いたしました。

芸能人の方を中心に何かと話題になるのが「年の差婚」です。タレントの加藤茶さんと綾菜さんご夫婦は、年の差がなんと45歳! 上戸彩さんとEXILEのHIROさんが16歳の「年の差婚」と話題になったのは、皆さんもご記憶に新しいところでしょう。

芸能人だから、著名人だから、と何となく納得してしまいますが、最近では一般の方々の間でも決してめずらしいことではなくなってきているとか…。話題の「年の差婚」について、一般の方の意識調査をしてみましょう。

東京・表参道や横浜みなとみらいをはじめ、全国14ヵ所に結婚式場を展開するアニヴェルセルが、首都圏・関西に在住の20歳~36歳の男女1,400名に聞いたアンケートによると、「年の差婚について、あなたはどれくらいまで大丈夫だと思いますか。『年上の場合』と『年下の場合』それぞれで、大丈夫だと思う『限界の年齢』をひとつだけお選びください。」(有効回答数1,398件)の質問に対し、次のような結果が得られました。11月22日(いい夫婦の日)にちなんで、一般の方々の意識調査で判った理想と現実についてレポートします。

女性が年上の「姉さん女房」需要は!?

男性は18.3%、女性は23.6%の方が、
13歳以上の「年の差婚」OK!

「結婚相手の年齢は何歳年下(年上)までが限界ですか?」の質問に対し、それぞれ「相手が年上の場合」と「相手が年下の場合」から回答してもらいました。

まずは、よくある「男性が年上、女性が年下」という組み合わせについて、未婚の男女に聞いた結果から発表しましょう。

未婚男性に「結婚相手の年齢は何歳年下までが限界ですか?」の質問への回答と、未婚女性に「結婚相手の年齢は何歳年上までが限界ですか?」の質問への回答

男性は1位と2位の合計、つまり4~12歳まで歳の差なら大丈夫と答えた方が60%以上、女性では67%以上の方がOKという回答でした。これは予想通りの回答といえるでしょうか。

また、男性は18.3%、女性は23.6%の方が「13歳以上」の歳の差OKと答えています。「年の差婚」に関しては、男性より女性のほうが、やや寛容といえそうです。

「女性が年上」はもう当たり前!?
いわゆる「姉さん女房」のカップルが急増中!

さて、この秋のドラマ「きょうは会社休みます。」や、篠原涼子さん主演の「anego(アネゴ)」など、TVドラマの設定で扱われることが多くなってきた「女性が年上、男性が年下」という組み合わせについてはどうでしょう。

テレビや雑誌などのメディアが仕掛ける「女性が年上」という恋愛観は、年代とともに変化しているのでしょうか? そこで、「年の差婚」ブームの前に結婚された既婚男性と、「年の差婚」ブーム後となる現在未婚の男性を比較して、意識の違いを見てみましょう。

既婚男性に「結婚相手の年齢は何歳年上までが限界ですか?」の質問への回答と、未婚男性に「結婚相手の年齢は何歳年上までが限界ですか?」の質問への回答

既婚男性では50%以上の方が「4歳以上年上でも、大丈夫」との回答で、「4歳位上年上は、難しい」と答えた方と合わせると、「女性が年上OK」という方は全体の90%という高い割合です。

さらに、未婚男性は「4歳以上年上でも、大丈夫」と答えた方がグンと増えて58.6%。「女性が年上OK」と考える方の合計は95%に迫る割合となりました! これはもう、世の中のほとんどの男性が「女性が年上OK」と思っていると考えて間違いありませんね!

これがすべて「テレビドラマの影響」とはいえないかもしれませんが、少なくとも「女性が年上OK」と考える男性が増えてきていることは確かなようです。

女性の社会進出が増え、晩婚化がすすんでいるといわれる現代。気がつけば誰かが決めた「適齢期」を過ぎてしまったと思い、お相手となる年上の男性がますます少なくなっていく…と悩んでいる女性もいるかもしれません。でも、そんな心配はご無用です! これからは年下の男性にも、どうか積極的にアプローチしてください!

ところで、「女性が年上」のいわゆる「姉さん女房」のご夫婦には、スポーツ選手を中心に夫婦円満なご家庭が多いような気がします。イチロー選手、松坂大輔投手、マー君(田中将大投手)、貴乃花親方、野村監督、落合監督と、つぎつぎ思い浮かびます。よく「内助の功」も引き合いに出される彼らの活躍が、若い方の結婚観を変えてきたともいえそうです。

愛しあうおふたりには、年の差なんて関係ない。
ふたりで紡ぎ上げる「年」をどうか大切に!

以上、アニヴェルセルによる結婚意識調査2014「年の差婚について、あなたはどれくらいまで大丈夫だと思いますか。『年上の場合』と『年下の場合』それぞれで、大丈夫だと思う『限界の年齢』をひとつだけお選びください。」についての調査結果でした。

晩婚化がすすんでいるといわれる現代は、自然と「年の差婚」や「姉さん女房」のカップルが増えていく傾向にあるのかもしれません。既成概念にとらわれず、焦らずゆっくりと時間をかけて自分を磨きながら、最高の伴侶を見つけるのも、これからの幸せのかたち。このアンケートはそんなことを物語っているのではないでしょうか。

東京・表参道や横浜・みなとみらいをはじめ、全国14ヵ所に結婚式場を展開するアニヴェルセルは、社名のアニヴェルセルがフランス語で記念日という意味から、「幸せは、祝福されると記念日になる」をブランドメッセージとして掲げています。

「幸せは、祝福されると記念日になる。」

年齢差があってもなくても、お相手が年上でも年下でも、結婚はおふたりだけの新しい「年」を刻んでゆきます。その1年、1年が、かけがえのない年になりますように。どうか、おふたりで大切に育んでください。

■調査概要

調査方法:インターネット調査
調査対象:首都圏・関西の20歳~36歳男女 1,400名
調査期間:2014年9月12日~17日

■アニヴェルセル 会社概要

会社名:アニヴェルセル株式会社
設立 :1986年6月19日
所在地:神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央24番1号
事業内容:結婚式場および披露宴会場の運営、記念日を軸とした商品の販売並びにサービスの提供
ホームページ:http://www.anniversaire.co.jp

■著作権について

本記事は、転載いただくことができます。

本記事の著作権はアニヴェルセル株式会社に帰属しますが、以下の利用条件を満たす方には利用権を許諾します。

*利用条件
(1)情報の出典元としてアニヴェルセル株式会社の名前を明記してください
(2)出典元として以下のURLへのリンクを設置してください
http://www.anniversaire.co.jp
(3)調査結果データの加工・改変は許可いたしません
(4)当社が相応しくないと判断した場合には、転載の許可を取り消し、掲載の中止を求めることができます
(5)掲載記事をもとに、独自のコンテンツとして編集・執筆いただくことができます

関連する記事一覧

最新記事一覧