本文へジャンプ

いまどき男女のお財布事情、
結婚前の「へそくり」金額は、How much!?

  1. アニヴェルセルTOP>
  2. 総研>
  3. いまどき男女のお財布事情、結婚前の「へそくり」金額は、How much!?

愛する人にも秘密にしていた「へそくり」。
もっとも多かった金額帯はいくら?

結婚とはお互いに自分のすべてをさらすもの。とはいえ、秘密というほどではないにしても、お相手に強いて伝えないことってあります。たとえば、おカネのこともそのひとつ。

結婚を前提としたお付き合いをするなら、お互いの収入についても理解し合い、その中から結婚資金を工面することになります。でも、だからといって、結婚前に自分の預貯金のすべてを正直に伝える方は少ないのではないでしょうか。

いまどき男女が結婚を目前に控えてお相手に知らせなかった財布の中身、いわゆる「へそくり」がどれくらいあったか、知りたくはありませんか?

いまどき男女のお財布事情、結婚前の「へそくり」金額は、How much!?

東京・表参道や横浜みなとみらいをはじめ、全国14ヵ所に結婚式場を展開するアニヴェルセルでは、全国の23歳~39歳の既婚男女600名(男性・女性、各300名)の方を対象に、「結婚をした時に隠していたへそくりはどの位ですか。あてはまるものをお答えください。(1つ選択)」のアンケート調査を行いました。一般の方々の意識調査で判ったいまどきの「へそくり」事情をレポートします。

半数の方が「へそくりはしていない」と回答。
1000万円以上の「へそくり」があった人も!?

回答は12の選択肢の中から、あてはまるものを回答していただきました。それでは早速、ご覧ください。

結婚をした時に隠していたへそくりはどの位ですか。あてはまるものをお答えください。(1つ選択)

1位は「へそくりはしていない」(51.0%)。
約半数の方が「へそくりはしていない」と回答されました。「へそくり」をしてない方は意外と多いのですね。自分も「へそくり」はないと思っていた方、ちょっと安心されましたか?

2位は「10万円未満」(11.7%)。
約1割の方の回答で、「へそくり」をしていた人の最も多かった金額帯でした。10万円未満というのはお小遣い程度ということでしょうか。「へそくり」という言葉から連想される金額にふさわしいのではないでしょうか。

3位は「100万円以上200万円未満」(6.2%)。
金額的には、ぐっと上がりました。100万円以上となると、これはもう「へそくり」の範疇を超えているような気がしますが。自由に使えるおカネが100万円以上ある人は、日々の生活にもゆとりがあるのでしょうね。

4位は「10万円以上30万円未満」(5.5%)、続いて「50万円以上100万円未満」(5.5%)が同率4位で入りました。収入面に余裕のある方の「へそくり」というと、この辺りの金額になるのかもしれません。

以下、6位「30万円以上50万円未満」(4.7%)、同率6位「わからない/いいたくない」(4.7%)、8位「200万円以上300万円未満」(4.3%)、9位「300万円以上500万円未満」(2.5%)、10位「500万円以上700万円未満」(1.8%)、11位「1000万円以上」(1.3%)、12位「700万円以上1000万円未満」(0.8%)と続きました。

なお、この結果を性別、年代別に見ると、男性20代は「30万円以上50万円未満」が15.4%、男性30代は「10万円未満」が16.8%とやや高めの結果となりましたが、全体的には大きな違いは見られませんでした。

ところで、200万円以上の「へそくり」があると答えた方の合計は、10.7%となりました。約1割の方が結婚を前にして200万円以上の「へそくり」を蓄えていたのですね。それにしても、1.3%の少数派とはいえ1000万円以上の「へそくり」があったと答えていた方がいたことは驚きです。「へそくり」というより、これは立派な「資産」と呼べる金額ですね。

家族みんなを幸せにする、
「へそくり」の正しい使いみち。

以上、アニヴェルセルによる「へそくり」についての調査結果でした。
さて、「へそくり」とはいったいどんなおカネでしょう。辞書を紐解くと、「家族共同の家計用ではなく、家族のだれかが個人的に使用できる私財」(日本大百科全書(ニッポニカ))とあります。一般的にこっそりと蓄えるおカネのことを指すようです。しかし、織田信長の家臣であった山内一豊の妻は、「へそくり」で名馬を買い夫の立身出世を助けた内助の功の逸話が知られています。そうなると、「へそくり」は必ずしも自分のためだけに使うものでもないようです。

「幸せは、祝福されると記念日になる」。

おカネは大切だけど、本当に大切なのはその使いみち。「へそくり」を自分のためでなく、お相手やご家族の特別な日のプレゼントに用立てるのも良いですね。そんなプレゼントはもらった人はもちろん、贈った人にも笑顔を運んできます。きっとそれは正しい「へそくり」の使い方なのだと思います。家の中に笑顔があふれた日。どうかその日を大切に。

■調査概要

調査方法:インターネット調査
調査対象:全国23歳~39歳 男女600名
調査期間:2016年3月18日~3月23日

■アニヴェルセル 会社概要

会社名:アニヴェルセル株式会社
設立 :1986年6月19日
所在地:神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央24番1号
事業内容:結婚式場および披露宴会場の運営、記念日を軸とした商品の販売並びにサービスの提供
ホームページ:http://www.anniversaire.co.jp

■著作権について

本記事は、自由に転載いただくことができます。

本記事の著作権はアニヴェルセル株式会社に帰属しますが、以下の利用条件を満たす方には利用権を許諾します。

*利用条件
(1)情報の出典元としてアニヴェルセル株式会社の名前を明記してください
(2)出典元として以下のURLへのリンクを設置してください
http://www.anniversaire.co.jp
(3)調査結果データの加工・改変は許可いたしません
(4)当社が相応しくないと判断した場合には、転載の許可を取り消し、掲載の中止を求めることができます
(5)掲載記事をもとに、独自のコンテンツとして編集・執筆いただくことができます

関連する記事一覧

最新記事一覧