本文へジャンプ

誕生日を忘れるなんて許せない!
でも、こんな理由だったら許せちゃう!?

  1. アニヴェルセルTOP>
  2. 総研>
  3. 誕生日を忘れるなんて許せない! でも、こんな理由だったら許せちゃう!?

誕生日を忘れられたことから生まれるのは憤り?
それとも代償? 愛し合ういまどきカップルが選んだ答えは!?

何があっても忘れてはならないことってあります。愛し合うおふたりの間で忘れてはならないことといえば、パートナーの誕生日です。年に一度ずつあるお互いの誕生日をどう過ごすか、どんなかたちでお祝いするか、それはおふたりの愛情のバロメーターともいえるのではないでしょうか。

そんな大切な誕生日を忘れてしまう。愛し合うおふたりにとって、あってはならないことですが…ありえないことではありません。

お相手があなたの誕生日を忘れてしまったことに理由があったとすれば、それはどんなことでしょう。どんな理由だったら、あなたは許すことができますか?

誕生日を忘れるなんて許せない! でも、こんな理由だったら許せちゃう!?

東京・表参道や横浜みなとみらいをはじめ、全国14ヵ所に結婚式場を展開するアニヴェルセルでは、全国の20代~30代の未婚・既婚男女1236名の方を対象に、「あなたのパートナー(配偶者・恋人)は、あなたの誕生日をすっかり忘れていたようです。忘れていたことを思わず許してしまいたくなるのは以下のうちどれですか。あてはまるものを3つまでお選びください。」のアンケート調査を行いました。いまどきのカップルの「許せる言い訳」についてレポートします。

1位に選ばれたのは素直に「ごめんなさい」。
でも、男女間で大きな差が出た回答が!

アンケートは「ごめんなさい忘れていましたと素直に謝られる」「日程を勘違いしていたと謝られる」「次の休日に改めてお祝いさせてと言われる」「何でも買ってあげると言われる」「どうしようもない理由(仕事など)があったと説明される」「忘れたことを忘れるくらい笑わせてくれる」「絶対に許さない」「そもそも怒らない」「その他」の9つの選択肢の中から3つまでを選んでいただきました。

先ずは未婚・既婚男女全体の回答からご覧ください。

あなたのパートナー(配偶者・恋人)は、あなたの誕生日をすっかり忘れていたようです。忘れていたことを思わず許してしまいたくなるのは以下のうちどれですか。あてはまるものを3つまでお選びください。(全体)

1位「ごめんなさい忘れていましたと素直に謝られる」(48.2%)。 1位に選ばれたのは「素直に謝られる」。半数近くの方がこの回答を選びました。忘れてしまうことは誰にもある過ち。それを素直に認めて謝られたら、謝られる方も素直に受け止めて許す気持になるのでしょう。許す方の心の大きさがうかがえるようです。

2位「次の休日に改めてお祝いさせてと言われる」(37.4%) 忘れてしまったことを認めた上で、きちんと埋め合わせを約束するということですね。お祝いを求めている訳ではなくても、こういわれたら断る理由などありません。3人に1人以上の方が選んだ回答です。

3位「そもそも怒らない」(28.4%) こちらは4人に1人の方が選んだ回答です。少し気になるのは怒らない理由。おふたりの関係性に心のゆとりがあって、誕生日を忘れることを大した問題ではないと思っているからか、あるいは逆におふたりの間にすきま風が吹きはじめているからか…。後者ではないことを願います。

以下、4位「忘れたことを忘れるくらい笑わせてくれる」(21.9%)、5位「何でも買ってあげると言われる」(15.4%)、6位「どうしようもない理由(仕事など)があったと説明される」(9.3%)、7位「日程を勘違いしていたと謝られる」(6.9%)、8位「絶対に許さない」(1.9%)、9位「その他」(0.9%)と続きました。

さて、この全体の結果は、既婚・未婚別で見てもほぼ同様の結果となりましたが、男女別で見ると、少し違う結果となりました。男性(既婚・未婚)、女性(既婚・未婚)それぞれ5位までの結果をご覧ください。

あなたのパートナー(配偶者・恋人)は、あなたの誕生日をすっかり忘れていたようです。忘れていたことを思わず許してしまいたくなるのは以下のうちどれですか。あてはまるものを3つまでお選びください。(既婚・未婚男性)

あなたのパートナー(配偶者・恋人)は、あなたの誕生日をすっかり忘れていたようです。忘れていたことを思わず許してしまいたくなるのは以下のうちどれですか。あてはまるものを3つまでお選びください。(既婚・未婚女性)

1位は男女共、全体と同じく「ごめんなさい忘れていましたと素直に謝られる」で、割合にも大きな差異は見られませんでした。

いちばん大きな違いがあったのは全体で3位だった「そもそも怒らない」。男性は全体を10%以上上回る41.1%の得票で2位に、逆に女性は10%以上下回る15.7%の得票で5位という結果になりました。

また、全体2位の「次の休日に改めてお祝いさせてと言われる」という回答は、男性では3位に入ったものの全体を10%以上下回り、女性は10%以上伸ばしました。

この結果から見えてくるのは、「誕生日を忘れられる」ということに、男性は比較的寛容、女性は男性に比較して気にする方が多いということでしょうか。

忘れないことは大切だけど、
過ちを許す心も愛情のうち。

昨今は大切な人の誕生日や記念日を、スマホのリマインダーに登録して活用されている方も多いことでしょう。おかげで誕生日を忘れるといった「うっかりミス」もずいぶん減ってきたのではないでしょうか。でも、かえってそれが「忘れるなんてあり得ない!」という感情を掻き立ててしまうのかもしれません。

「幸せは、祝福されると記念日になる」。

けれど、「わざと忘れる」ことは誰にもできません。大切な日をうっかり忘れてしまったことがあったとすれば、それは取りも直さず、おふたりがつつがなく幸せな日々を送っていたことの証といえるのではないでしょうか。とはいえ、「誕生日おめでとう」は魔法の言葉。そのひとことを交わせる限り、おふたりの愛情はさらにゆるぎないものになっていくことでしょう。どうかその日を大切に。

■調査概要

調査方法:インターネット調査
調査対象:全国23歳~39歳 男女1,236名
調査期間:2017年4月4日~4月5日

■アニヴェルセル 会社概要

会社名:アニヴェルセル株式会社
設立 :1986年6月19日
所在地:神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央24番1号
事業内容:結婚式場および披露宴会場の運営、記念日を軸とした商品の販売並びにサービスの提供
ホームページ:http://www.anniversaire.co.jp

■著作権について

本記事は、自由に転載いただくことができます。

本記事の著作権はアニヴェルセル株式会社に帰属しますが、以下の利用条件を満たす方には利用権を許諾します。

*利用条件
(1)情報の出典元としてアニヴェルセル株式会社の名前を明記してください
(2)出典元として以下のURLへのリンクを設置してください
http://www.anniversaire.co.jp
(3)調査結果データの加工・改変は許可いたしません
(4)当社が相応しくないと判断した場合には、転載の許可を取り消し、掲載の中止を求めることができます
(5)掲載記事をもとに、独自のコンテンツとして編集・執筆いただくことができます

関連する記事一覧

最新記事一覧