閉じる

お気に入り

お気に入りとは?

お気に入りの記事や、あとで読みたい記事をここに保存することができます。
ハートアイコンを押すと、記事をお気に入りに追加できます。もう一度ハートアイコンを押すと、お気に入りを解除できます。

※「お気に入り」は、ご利用ブラウザのCookie機能を利用します。ご利用の際は、ブラウザの設定でCookieを受け付ける状態に
なっているかをご確認ください。なお、お気に入りデータの保持は1年間となります。

Tips

壁ドンやあすなろ抱きも?「一番嬉しかった告白方法」を調査!

2020年7月22日

アニヴェルセル公式ライター

-Introduction-
婚活を続けるすべての方にお届けしている「アニヴェルセル総研」に新シリーズが登場です。ある日突然の「告白」からはじまる、「わたし」と彼との婚活ストーリーを、これまでのアンケート調査の結果にも照らして6回連載でお届けしてまいります。波乱万丈(!?)の「わたしと彼」との恋愛物語。どうぞお楽しみに!

東京・表参道や横浜みなとみらいをはじめ、全国13ヵ所に結婚式場を展開するアニヴェルセルでは、全国の20代~30代の未婚・既婚男女824名の方を対象に、「付き合ったきっかけについてお聞きします。直接、会って(対面で)告白されましたか。あてはまる方は、一番嬉しかった告白方法をお答えください。」というアンケート調査を行いました。一般の方々の考えから見えてきた、「付き合ったきっかけ」についてレポートします。

-Story-

ある日突然訪れた彼からの告白!結婚のゴールへ向けてわたしは走り始める!?

#300日後に結婚するわたし #第1回

わたしが今いちばん気になること。それはやっぱり「結婚」。もちろん、一日中考えているわけではないけれど、気がつくと頭の片隅から「結婚」の二文字がいつも腕組みをしてわたしを見つめている。

そもそも「結婚」するには、まずお相手がいなくちゃ。気になる人はいるけれど、問題は彼がわたしに好意ももってくれているかどうか。そこがモヤモヤしているうちは、「結婚」どころか恋愛も始まらない。

でも、その日は突然やって来た。意中の彼から思いがけない告白!なんの心の準備もなかったわたしにとっては、まさに青天の霹靂。こんなに嬉しかったことは生まれて初めてかも。こんな平凡なわたしでも、物語の主人公になったような気分になれるんだ。

こうして、わたしの目の前にいきなり拓けた、これはウエディングロード!? まだ何も道標のない純白な道を、彼の胸めがけて、わたしは今日からまっすぐに歩いて行く!

「運命の出会い」は「職場」と「友人」が半数近い多数。では、「直接会って告白」された(した)人の割合は!?

-Reference-
[過去のアンケートから]
いまどきの方はどんな「運命の出会い」をされているのでしょう?2014年に行った「彼(彼女)との出会いは何がきっかけでしたか?」というアンケートでは、次のような結果が出ていました。

また、2016年の「あなたは、パートナーとどこで出会いましたか」というアンケート結果は、次の通りでした

どちらのアンケートも、「職場」と「友人の紹介」が高いスコアとなっています。この過去のアンケートからも、出会いのきっかけや場所は、思っている以上に身近にあることがわかると思います。

そんな彼からの告白は、会議資料作りに追われていた残業の後、食事をして帰ろうと誘われた会社近くのレストラン。

「俺たち、付き合ってみる?」

仕事の話をしていた途中でふと切り出されたので、危うく聞き逃してしまいそうに。え!? 今なんていったの?わたしは一瞬ポカンとしてしまいました。これまで何度となく思い描いていた運命の瞬間は、そんな風に訪れたのでした。

帰り道、いつも見慣れた街は光り輝いているようで、その夜はなかなか眠れませんでした。幸せって、こういう気持ちのことをいうのかな。みんなはどんな告白をされているんだろう?きっと、告白の数だけ幸せもあるんだろうな。

「直接会って告白」された人は3割以上。一方で半数近い方が告白未体験。告白なくても心配無用!?

-Report-
[今回のアンケート]
さて、今回のアンケートは、告白された方法を「直接会って告白(一番嬉しかった告白方法)」「電話」「動画」「手紙」「人づて(友人/知人などから)」「SNS(LINE/Twitter/Facebook)など」「その他のインターネット」「その他」「分からない・覚えていない」「告白されたことはない」の10の選択肢の中から答えていただきました。それでは早速、結果をご覧ください。

▶ 1位 直接会って告白(36.0%)
1位は「直接会って告白」。3割以上と大多数の方が回答しています。いわば人生の一大転機となる告白は、やはり直接お相手に会って告げなくてはと思う方が多いということでしょう。この回答を選んだ方の「一番嬉しかった告白方法」については、後ほどご紹介します。

▶ 2位 告白されたことはない(26.7%)
2位には「告白されたことはない」が入りました。4人に1人の方は「告白」未体験ということです。この数字を多いと見るか、少ないと見るか。告白未体験の方にとってはちょっと安心される数字といえるでしょうか。

▶ 3位 わからない・覚えていない(18.9%)
3位は「わからない・覚えていない」。これはある意味「告白されたことはない」に含まれてもおかしくない回答といえるかもしれません。とすると、「告白されたことはない」と合計すると半数近い方が告白未体験ということになりそうです。

▶ 4位 電話(9.2%)
4位には「電話」が入りました。10%未満の数字です。10年前に調査を行えば、もう少し高い数値になっていたかもしれません。

▶ 5位 SNS (LINE/Twitter/Facebookなど)(5.0%)
5位は「SNS (LINE/Twitter/Facebookなど)」。5%の回答率でした。ネット利用全盛とはいえ、文字だけでは真剣な気持ちが伝わりづらいと考える人が多いということなのでしょう。

以下、6位「手紙」(3.0%)、7位「人づて(知人/友人などから)」(1.9%)、8位「その他」(1.0%)、9位「その他のインターネット」(0.6%)、10位「動画」(0.5%)と続きました。

さて、それでは最後に「直接会って告白」した(された)方の内容についてご紹介しましょう。

▶ 壁ドンでの告白 (35歳/女性)
▶ 高校時代、ずっと片思いしていた人が部活の大会に応援に来てくれていて、試合の後に告白された (23歳/男性)
▶ 京都出身の方で、京都弁で「つきあわへん?」と言われたこと(自分は神奈川出身) (36歳/女性)
▶ 専門学校に行っていた時に、デートの後いつも学校帰りに座りながらおしゃべりするショッピングビルの屋上広場で告白されたこと (35歳/女性)
▶ あすなろ抱き(バックハグ) (32歳/男性)
▶ お祭りで手を繋ぎながら好きと言われたこと (26歳/女性)
▶ 遊びに行った帰りに景色の良いところでストレートな言葉で付き合って欲しいと言われた (28歳/女性)
▶ 誕生日にバラの花束をもってひざまずいて告白された  (32歳/女性)
▶ 隣の席の男子に好きな人当ててと言われて、君だよと言われた (22歳/女性)
▶ バレンタインの日に告白された (38歳/男性)
▶ 横浜の夜景をバックにプレゼントと共に (21歳/女性)
▶ 私の事が好きだから、私の大切なもの(人)も大切に思う的な言葉 (33歳/女性)
▶ 自分が好きですと言ったら相手も好きですと言ってくれて、更にそれに付け足して、大切にしますと言ってくれた (38歳/女性)
▶ 好き?と聞いたら好きって言われた (28歳/女性)

いずれも、告白されたときの様子が目に浮かぶようです。こうしていつまでも人の心に残るのが告白という行為なのでしょう。

ハラハラ、ドキドキの職場恋愛。結婚に向けてスタート!

とにもかくにも、突然始まったわたしと彼との恋愛第一章。いわゆる「職場恋愛」ということで、毎日がちょっぴりハラハラ、ドキドキ。これまでも彼とはいつも顔を合わせてきたのだけれど、なんだか毎日がとても新鮮。人は恋をすると、世界はホントに変わるんだなって、今はとてもよく分かる。

でも、この恋がこのまま「結婚」まで続いているのかどうか、それは神のみぞ知る? というか、結婚までの道のりにはどんなことが待ち受けているのか、今は想像もつきません。ひとまず、最初のハードルは「最初のデート」。これも突然のお誘いでした。詳しいことはまた次回。どうかわたしの恋を見守ってください!

■調査概要
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国20歳~39歳既婚男女824名
調査期間:2020年4月6〜7日

アニヴェルセル公式ライター

記念日のプロとして、記念日研究を行っています。結婚式はもちろん、あらゆる記念日情報を取りまとめてお届けします。

関連記事

“遠距離恋愛”が教えてくれたこと。うまくいく秘訣は「適切な〇〇感」

「スポーツ観戦デート」について調査!距離が縮まるスポーツは?

先輩カップルに聞いた、夫婦喧嘩をした後のとっておきの仲直り方法

新着記事

想い出の一枚が完成する!おふたりらしい婚姻届の選び方

“遠距離恋愛”が教えてくれたこと。うまくいく秘訣は「適切な〇〇感」

9月30日は両親の日。自分たちらしい「ありがとう」の伝え方を見つけよう!

ページトップへ