同棲や結婚が決まったらお部屋さがし!内見時チェックリスト

同棲や結婚が決まったらお部屋さがし!内見時チェックリスト

同棲や結婚のためにはさまざまな準備をする必要がありますが、その中でも大きなウエイトを占めるのが「新居さがし」です。一人暮らしとは勝手が違うことも多く、場合によっては土地勘のないエリアに引っ越すこともあるので、物件の内見・内覧や周辺環境のチェックは入念に行いましょう。

今回は、新居を決める際に確認しておきたいポイントについてご紹介します。お部屋さがしの際にチェックリストとしてご活用ください。

目次

賃貸物件の内見時チェック項目と確認ポイント

「内見」とは、契約前に物件の内部を見学することです。会社によっては「内覧」と表現することもあります。住宅の状況を知るために欠かせないことですので、内見をする前に確認ポイントを把握し、効率よくチェックするようにしましょう。内見のチェック項目と確認ポイントをご紹介 します。

部屋の広さ・間取り

部屋

部屋の広さや間取りは図面でも確認できますが、天井の高さや窓の位置などで開放感や閉塞感といった印象が異なります。手持ちの図面と見比べて、図面と相違がないかどうか、置きたい家具を設置できるかどうかを中心に確認しておきましょう。

カップルにおすすめの間取りもご紹介しています。
同棲カップルにおすすめの間取りは?引っ越し費用やスケジュールもチェック!【二人暮らしの部屋編】

玄関まわり

靴箱

ドアの立て付けやシューズボックスの容量に問題ないかを見ておきましょう。インターホンは防犯上、モニター付きや録画機能付きのものだと安心です。さらに家具家電の搬入のことを考えて、広さも確かめておくことをおすすめします。

生活動線

洗濯機置き場からベランダ(洗濯物を干す場所)までの導線と、取り込んだ洗濯物をたたんで収納するための洗濯導線が短いと、家事の負担をぐっと軽減できます。また、キッチンからダイニングへの導線、食料品を購入した際に玄関からキッチンまで運ぶ際の動線など、日常生活の導線を確認しておきましょう。

日当たり・風通し

日当たり・風通し

南向きの部屋でも、近隣に大きなビルやマンションなどが建っていると日当たりのよさは半減します。各部屋の窓を開けて、日光を遮るものがないか、風が通るかどうかをチェックしておきましょう。また、北側の部屋や日当たりの良くない部分がジメジメしていないかも重要な確認ポイントです。

水まわり

水まわり

キッチンや洗面台は、設備の清潔さや排水口からのにおいの確認が必須です。不動産会社の担当者に了承を得たうえで実際に水を出し、不具合の有無や水圧もチェックしておきましょう。毎日使うものですので、蛇口や調理台の高さも重要です。

トイレ

トイレ

トイレはまず、においの有無や換気について確認します。さらに温水洗浄便座(ウォシュレット)かどうかといった機能面もみておきましょう。

バスルーム

バスルーム

バスルームの基本的な確認事項は、給湯器が電気なのかガスなのか、追い焚き機能の有無などです。そのうえで衣類乾燥や浴室乾燥、暖房機能といった付属機能があると便利。可能であれば、シャワーの水圧もチェックしておくと安心です。

洗濯機置き場

洗濯機置き場

今使っている洗濯機を使いたいときは、あらかじめ洗濯機のサイズを測っておいて、洗濯機置き場に問題なく設置できるか確認します。ドラム式洗濯機は、物件によってはサイズや蛇口の位置の関係で設置できないことがあります。

収納スペース

収納スペース

クローゼットや押し入れ、納戸といった収納スペースは、まず数と広さ、奥行きをチェック。実際に開けてみて、内部の仕切りの位置も見ておきましょう。開閉する扉の前には家具を設置できないため、扉の種類や開閉方向も要確認です。

ベランダ・バルコニー・庭

ベランダ・バルコニー・庭

景色や排水のほか、室外に洗濯物を干す場合は広さや物干し竿の位置も重要です。1階で庭が付いている場合は、入居者自身で手入れをすることになります。草が生えている状態なら、入居前に草刈してもらえるのかを確認しておきましょう。

TVジャック・コンセント

TVジャック・コンセント

内見したときにTVジャック(アンテナ端子)やコンセントの位置を確認し、間取り図に記入しておくと後で家電や家具をレイアウトするときに便利です。コンセントや端子の位置は動かせないので、インテリアにも大きく影響します。

ドア

ドア

ベッドや冷蔵庫、分解できない家具など、家具や家電の搬入経路が確保できるのかが重要なポイントです。盲点になりがちなのがドアのノブ。ギリギリで通れると思っていても、ノブがつっかえてしまうこともあります。また、扉を閉めたときに床にこすれるようであれば、立て付けに問題があります。

鍵

玄関の鍵は、ピッキングされにくいディンプルキーがおすすめ。鍵が2つ設置されているダブルロックだと、なお安心です。前の入居者がいる場合は、退去後に鍵が交換されているか不動産会社の担当者に確認しましょう。

内装の傷、汚れ、カビ

内装の傷、汚れ、カビ

フローリングや壁紙、扉などに付いている汚れやシミ、傷などは必ず確認するようにします。入居前から付いている傷が退去時に敷金返還のトラブルにつながることもあるので、入居前に写真に撮って記録を残しましょう。

騒音

騒音

窓を開け閉めして、外の音がどのくらい聞こえるのかもチェックしておきます。特に高速道路や線路の近くにある物件は重要です。可能であれば、両隣や上階の部屋、廊下の生活音がどの程度聞こえてくるかも確認しておきましょう。

室内のにおい

たばこ臭など前の入居者が原因と思われるにおい、外から入ってくる飲食店などのにおいのほか、室内やベランダがカビ臭くないかも確かめます。水回りで排水のにおいがする場合は長期にわたって空室で、管理会社がきちんと洗浄していない可能性があります。

エアコン・照明

エアコン・照明

エアコンや照明器具が物件に付いているのか、それとも入居者が付けるのかも確かめておきましょう。エアコンが物件に付属している場合は、どの部屋にあるのか、付いていない部屋には設置できるのか、きちんと動くかどうかを確認します。エアコンを入居者が設置する場合は、エアコン用コンセントの場所とボルト数を把握しておくとスムーズです。

インターネット・電波環境

インターネット・電波環境

インターネットの固定回線を使うのであれば、物件に完備されているのか、自分で引くのかも重要なポイントです。中にはWi-Fiルーターが設置されている物件もあります。また、すべての部屋でスマホの電波が問題なく入るかも見ておきましょう。

換気扇

換気扇

換気扇はキッチン・バスルーム・トイレに付いているのが一般的です。きちんと空気を換気するには、換気口があるかどうかも確認しておくことをおすすめします。

カーテンサイズ

カーテンサイズ

カーテンは内見の際に窓の数を数え、それぞれ縦横のサイズを測っておくとスムーズです。また、カーテンがないと直射日光が入ったり、外から丸見えになってしまったりするため、引っ越し前に一式準備しておきましょう。

傾き

傾き

床が傾いていると、頭痛やめまいといった症状の原因になる場合があります。ビー玉やリップスティックなど、転がりやすいものを床に置くことで判断できます。しっかり確認するなら、水平器や傾斜計を持っていきましょう。

マンションの共用部チェックポイント

アパートやマンションなどの集合住宅では、共有部の使い勝手や清潔さも重要です。共用部のチェックポイントについて解説します。

ポスト・宅配ボックス

ポスト・宅配ボックス

セキュリティーの観点から、郵便ポストには鍵が備え付けられていると良いでしょう。また、宅配ボックスがあると便利です。

掲示板

掲示板

掲示板の掲示物を見ると、住民トラブルの事例や管理の度合いが分かります。騒音やたばこのにおいなどに関する注意書きが多い物件は、避けたほうがいいかもしれません。

廊下・階段

廊下・階段

廊下や階段は、掃除がきちんとされているか、照明が切れていないかといった点をチェックし、管理がきちんとされているかを判断しましょう。また、廊下や階段に住民の私物が置かれていると、万が一の避難の際に妨げとなってしまう可能性があります。

エレベーター

エレベーター

エレベーターには1年に1回の定期検査が義務づけられています。念のため、エレベーターに掲示されている検査証の有効期限を確認しておきましょう。セキュリティー的には、かごの中やエレベーターホールに防犯カメラが付いている物件がおすすめです。

ごみ置き場

ごみ置き場

ごみ置き場が清潔か、正しく使われているかどうかで住人のマナーや管理体制がある程度判別できます。

駐輪場・駐車場

駐輪場・駐車場

空きの有無、屋根が付いているか、ライトや防犯カメラが付いているかどうかをみておきましょう。バイクに乗る人は置き場を確認しておくことをおすすめします。

防犯カメラなどのセキュリティー

防犯カメラ

暮らしの安心度を高めるのにはセキュリティー面が重要です。オートロックの有無や防犯カメラの位置、共有部が外部から侵入しやすいかどうか、低層階の場合は外から部屋の中がどの程度見えるかも注意しておきましょう。

ロビー・ラウンジ

ロビー・ラウンジ

オートロックやポスト、宅配ボックスといった設備の状況のほか、掃除がされているか、余計なものが置かれていないかといった点がチェックしたいポイントです。椅子やテーブルなどが設置されていると、来客の対応などに使えます。

ゲストルーム

ゲストルーム

ゲストルームが設置されている物件は、お客様や遠方の家族を招きたいときに便利です。利用状況や利用のルールについて確認しておきましょう。

周辺環境のチェックポイント

周辺環境

周辺環境は暮らしやすさに直結するものであり、自力で変えられない部分でもあります。環境面のチェックポイントをご紹介します。

治安

物件の周辺環境のほか、最寄り駅やバス停からの様子も要確認です。道路や壁にラクガキがされている地域や空き家が多いエリアは、治安が悪化する傾向があります。時間に余裕があれば夜間も訪問し、街灯や店舗などの明かりがどの程度あるかも見ておきましょう。また、警察署や派出所が近いほうが安心です。

交通の利便性

最寄り駅やバス停からの道のりは、距離のほかに坂や階段がないかも重要なポイントです。最寄り駅からバスを使うのであれば、バスの本数も見ておきましょう。駅まで自転車で行く場合は、周辺の駐輪場の有無や空き状況も重要です。車を使う人は、一方通行やスクールゾーンの有無についても確認しておくことをおすすめします。

生活施設

暮らしに必要な施設のほか、子どもを持つことを視野に入れているのであれば子育て関連の施設も確認しておきましょう。

・日常の買い物をする店舗(スーパー/コンビニエンスストア/商店街など)
・飲食店
・病院(内科/耳鼻咽喉科/産婦人科など)
・金融機関(銀行/郵便局/ATM)
・保育施設や教育施設(保育園/幼稚園/こども園/小学校など)

内覧時に持っていくものリスト

リスト

内見は手ぶらでもできますが、あらかじめ持ち物を準備をしていったほうが効率的に行えます。持っていくと役に立つものをご紹介します。

スマートフォン(カメラ・方位磁石機能)

スマートフォンは、カメラ・ビデオ・方位磁石・地図・ライト・メモなどさまざまな用途に使えます。

寸法用のメジャー

家具家電の設置場所を決めたり、窓のサイズを測ったりするために使います。特に冷蔵庫や洗濯機などの家電は、サイズがあわず置けないこともあるので注意しておきましょう。部屋に搬入するときのことも考えて、扉の大きさも測っておきます。忘れたときは不動産会社の担当者から借りましょう。

図面

物件の見取り図は、基本的に不動産会社に用意してもらえます。「図面にあるものが現場にない」などのトラブルを避けるために、図面と現状に相違がないか確かめておきましょう。

メモと筆記用具

担当者から口頭で聞いたことや感じたことを図面またはメモに書き込んでおくと、後で比較検討の材料になります。

スリッパ

物件内部で履くスリッパは不動産会社が用意してくれますが、自分のものを使いたいのであれば持参しましょう。また、1日に複数の物件を見て回ることが多いので、靴は脱ぎ履きしやすいものがおすすめです。

内覧に役立つアプリ

アプリ

スマートフォンに次のようなアプリを入れておくと、内見に役に立ちます。

・Googleマップ(周辺環境のチェック)
・Yahoo!マップ(周辺環境のチェック)
・カメラ(写真と動画の撮影)
・コンパス(方角の確認)
・懐中電灯(電灯が付かない物件の内見やクローゼットの確認に役立つ)
・傾きチェック(傾斜が分かる)

機種によっては最初から入っている場合もありますが、ダウンロードしなければならないアプリも含まれています。電池が持つかどうか不安なときは、モバイルバッテリーも持っておきましょう。

戸建 内覧時のチェックポイント

戸建

一戸建ての賃貸や中古住宅の購入を考えている人は、次のポイントも要確認です。

・外装のひび割れや色あせ、傷、破損(基礎/屋根/外壁/軒裏など)
・室内の状態(床の傾き、きしみ、たわみ/柱のゆがみ/階段の傾き、歪みなど)
・ガスの種類(都市ガス/プロパンガス)
・排水(下水道/浄化水)
・近隣に住んでいる人の傾向
・庭や駐車場の状態(水はけ/植物の位置や大きさ/コンクリートのひび割れなど)
・隣家との距離や窓の位置

新築 内覧時のチェックポイント

新築

新築住宅とは、誰も入居したことがなく、なおかつ建設工事完了から1年未満の物件を指します。建築途中の物件は、基本的に内見できません。一般的には契約前に内覧会(内見会)が開催されるため、それを待ちましょう。大型マンションなどは、別の場所にモデルルームが用意されている場合もあります。

チェックポイントは外装や内装、周辺環境、間取り、設備など、物件を借りる場合と共通する点が多々ありますが、新築住宅は誰にとっても大きな買い物です。簡単には引っ越しできないリスクもふまえ、時間をかけて納得いくまでじっくりと確認することをおすすめします。

チェック項目をリストアップしてしっかり内覧しよう

内覧

住宅選びは、新しい生活をスタートさせるおふたりにとって大切なこと。内見前にチェック項目をあらかじめリストアップして、当日は細部までしっかりと確認することを心掛けましょう。気になることがあれば、そのつど不動産会社の担当者に確かめることをおすすめします。新生活をイメージしながら楽しく内見してくださいね。

引っ越しに関してはこちらの記事もチェック!
▶結婚したらどうする?入籍前後の手続き・届け出マニュアル【引っ越し編】

同棲すべきか悩んでいる人は、こちらの記事を参考に!
▶同棲のきっかけは「結婚前提」が多数!先輩カップルから学ぶ、同棲のメリットやルール

引っ越し先が決まったら家具や家電を揃えよう!チェックリストはこちらです。
▶同棲カップル・新婚さんにおすすめの家具家電はこれ!新生活で準備するものリスト【家具家電編】

\結婚式の相談も♡フェア開催中/

この記事を書いた人
ライター Ayako

ライター Ayako

専門誌編集を経て、制作会社で結婚式用オリジナルペーパーアイテムの制作サポート、お客様インタビューなどを担当。現在はフリーでエンタメやビジネスの記事を中心に執筆中。趣味はご朱印集め。

search

キーワード検索