閉じる

お気に入り

お気に入りとは?

お気に入りの記事や、あとで読みたい記事をここに保存することができます。
ハートアイコンを押すと、記事をお気に入りに追加できます。もう一度ハートアイコンを押すと、お気に入りを解除できます。

※「お気に入り」は、ご利用ブラウザのCookie機能を利用します。ご利用の際は、ブラウザの設定でCookieを受け付ける状態に
なっているかをご確認ください。なお、お気に入りデータの保持は1年間となります。

Tips

奥様への想いが、もっと伝わる!?誕生日プレゼントの選び方、贈り方

2019年6月19日

ライター 藤田 祥子

奥様の誕生日が近づいてくると、「プレゼントは何にしようか」「どんな風に渡そうか」と想いを巡らせる人も多いのではないでしょうか。誕生日プレゼントは、大切な奥様への想いをかたちにして伝えるのに、すごく良い機会。でも、結婚して家族になると、日々の生活や将来への備えにまわすお金もふえて、「独身の時よりも予算が限られてしまう……」という場合も少なくないようです。 大切なのは、どれだけお金をかけたかよりも、どれだけ気持ちを込めたか。奥様への想いがもっともっと伝わるような、誕生日プレゼントの選び方、贈り方をご提案します。

1年に1度だけじゃない! 何度も想いが伝わるフラワーギフトとは?

お花は、女性から喜ばれる贈り物のひとつ。フラワーショップで花束をアレンジしてもらって1度にたくさんのお花を贈るのも特別感がありますが、最近では、ウィークリーやマンスリーで定期的に季節のお花を届けてくれるサービスもいろいろと登場しています。 花束のような豪華さはないかも知れないけど、日頃から目にとまる場所に花を飾ることで、想いがかたちになって、いつもそこにある。 その花が届くたびに、ささやかなうれしさがあって、「パートナーから想われている」という喜びを、何度でも感じてもらえるプレゼントです。

心を込めた料理で、美味しい時間を贈る。

お金をたくさんかける代わりに、「時間」をかけることで、奥様への想いを伝えてみませんか? たとえば、つぎの誕生日を、ふだん忙しい奥様にできるだけゆっくり過ごしてもらえる一日に。旦那様が料理や家事をぜんぶ引き受けて、そのあいだ奥様には、買い物に出かけて もらったり、ソファでゆっくり寛いでもらったり、「何もしない時間」をプレゼント。 料理には、つくる人の気持ちも込めることができます。いつもよりちょっとだけ贅沢な食材を使って、時間もじっくりかけて奥様のために料理を。

たとえば、男性らしく豪快なお料理で奥様をおもてなしするなら、魚をまるごと一尾使った「アクアパッツア」。あさり・トマト・にんにく・オリーブオイルと好みのバーブなどの定番の材料を蒸し焼きするだけ。フライパンひとつで豪華な料理が完成します。お魚をまるごと使った一皿は、記念写真にも花を添えてくれます。 手料理とともに、いつもより時間をかけて、この1年間の想い出やこれからのことをゆっくり話し合ってみてはいかがでしょうか。 もちろん食後の片付けも、旦那様がしっかりと。すべての時間が、奥様にとって美味しいものになるように。

わざわざ時間をかけないと、手に入らないものを。

「時間」をかけることで想いを伝える方法は、他にもいろいろとありそうです。 普段なら「わざわざそこまでして買わなくても……」と諦めてしまうようなお店はありませんか?行列のできる人気スイーツや、日本初上陸のお店など、奥様との会話や雑誌のスイーツ特集をヒントに、お店を探してみましょう。ちょっと遠くて日頃は行けないような、郊外の名店に足をのばしてみるのもいいかもしれません。 待ち時間や移動時間も、奥様のためにあえて時間を使っていると考えればイベントになるし、プレゼントを渡すときのエピソードにもなります。 インターネットでいろいろな物が手軽に買えてしまう今だからこそ、わざわざ時間をかけるという行為が、贈り物の魅力を高めてくれるはずです。

プレゼントを早めに告知して、誕生日までの時間も楽しみに。

「どんな服を着ていこう?」「サロンの予約もしておく?」 すこし先に楽しみなイベントがあると、女性はその日を迎えるまでの準備期間も楽しむことができます。 誕生日の近くにある、奥様が好きなライブやコンサートや舞台などのチケットを手に入れて、あえて早めにプレゼントしてみませんか?たとえば、チケットにメッセージを添えて、「ドレスコードはブルーで」というように準備が楽しくなるような提案をすれば、同じイベントでも、より長く喜びを感じてもらえるプレゼントに。 もちろん、突然渡されるプレゼントやサプライズならではの感動もあるので、贈り方にも時によって緩急をつけてみてはいかがでしょうか。

友だちも集めて、たくさんの「おめでとう」を贈る。

「おめでとう」って、何人から言われてもうれしいものですよね。奥様の友だちや、家族ぐるみで交流のある友人夫婦にも集まってもらい、バースデーパーティを開いてみませんか。旦那様からみんなに声をかけて、奥様のために会場のセッティングや参加者の調整をし、みんなで楽しく、心に残るパーティーを。結婚式の時に幹事をしてくれた女性友だちに協力をお願いしてみるのもいいかも知れません。

贈らず、貯める?「あげたつもり貯金」で、 大きなプレゼントを人生に。

欲しい物はわりと普段から買っているし、物よりも一生ものの想い出になるような大きな体験がいい。そんなふたりには、「あげたつもり貯金」という選択肢も。一生に一度はオーロラを見たい!ニューヨークに行きたい!憧れのホテルに泊まりたい! 何かひとつ大きな目標を決めて、そのためにあえてプレゼントを贈らず、お互いにあげたつもりでお金をチャージ。誕生日にはプレゼントの代わりに「5年後、グリーンランドへ行くチケット」など、目標達成に向けて期待が膨らむチケットを手作りして贈ったり、専用の通帳をつくってメッセージカードを添えて渡してもいいかもしれません。ふたりで一緒に実現をめざすことで、目標を叶えた時のよろこびも大きなものになるはずです。

贈り物に、メッセージカードを添えて。

同じ物を贈るのでも、メッセージを添えることで印象が大きく変わることがあります。奥様への気持ちを一言、メッセージカードで贈りませんか。長い手紙となると、筆が重くなってしまいなかなか進まないかもしれないけど、小さなメッセージカードなら、もっと肩の力を抜いて書けるのではないでしょうか。短くても、拙い言葉でも大丈夫。自分の手で、自分の言葉で書くことが大切です。 想いのかたちは、きっといろいろあって、それを伝えるためのプレゼントの贈り方もさまざまだと思います。大切なのはやっぱり、自分たちらしい方法で、想いを伝えること。 そんな想いの味方になってくれるのが、アニヴェルセル。大切な記念日に向けて、いろんなお節介をしてくれますよ。

キーワード

ライター 藤田 祥子

1985年生まれ。通信販売のカタログ編集、Webディレクション、商品企画に携わった後、独立。淡路島をフィールドに、Webメディアの企画・コピーライティング、フリーペーパーなどの編集を手がける。

関連記事

想い出の一枚が完成する!おふたりらしい婚姻届の選び方

9月12日は育児の日。お子様にまつわる産前・産後のお祝い行事まとめ

安産祈願はいつやるの?知っておきたいマナーとノウハウ

新着記事

『ウエディングメモリー』を活用して、理想の結婚式をかなえるためのイメージを膨らまそう!

アニヴェルセル 表参道限定!カスタムメイドドレス『Montrésor(モントレゾール)』が誕生しました

婚姻届の書き方、これで失敗なし!【間違えやすいチェックポイント付き】

ページトップへ