閉じる

お気に入り

お気に入りとは?

お気に入りの記事や、あとで読みたい記事をここに保存することができます。
ハートアイコンを押すと、記事をお気に入りに追加できます。もう一度ハートアイコンを押すと、お気に入りを解除できます。

※「お気に入り」は、ご利用ブラウザのCookie機能を利用します。ご利用の際は、ブラウザの設定でCookieを受け付ける状態に
なっているかをご確認ください。なお、お気に入りデータの保持は1年間となります。

Tips

結婚式の「御車代」「御礼」は誰にいくら渡す?知っておきたい相場やマナー

2019年10月2日

ライター 佐藤

結婚式当日も忙しいご新郎ご新婦に代わって、参列者の対応をしてくれたり、結婚式を盛り上げてくれたりする友人やゲスト、スタッフの皆様に、忘れずに用意しておきたいのが「御車代」や「御礼」、「お心付け」。結婚式では欠かせないお金にまつわるマナーですが、知らないまま過ごしてしまっては、出席したゲストに気を遣わせてしまうことも…。では、「御車代」とは一体どんなものなのでしょうか。

「御車代」とは何?なぜ必要?

「御車代」は、主賓や乾杯の挨拶をしてくださる方、遠方から参列してくれる親族や友人の交通費・宿泊費、そして受付や司会など結婚式で何かの役割をお願いした友人に、お礼として渡すお金のことです。結婚式の会場まで足を運び、出席してくれるゲストへの“感謝の気持ち”として渡すものなので、忘れないように用意しておく必要があります。 ただし、友人同士であれば、たとえ遠方から出席する場合でも「お互い様」ということで、御車代を出さないこともあります。親戚の御車代に関しても、地域によって異なる場合があるので、親戚や友人との関係などにあわせて臨機応変に対応しましょう。

御車代は誰に・いつ・誰が渡す?

御車代を渡す相手は、主賓や乾杯の挨拶をお願いするゲスト、遠方からの友人や親戚、司会、受付、スピーチ、余興を担当してくれた友人たちが主。

結婚式の前後にご新郎ご新婦から渡す場合もあれば、ご両親から渡してもらう場合もあり、渡すタイミングは相手によってさまざまですが、他のゲストに目立たないよう渡しましょう。また、相手によって金額が異なります。基本的に御車代のご祝儀袋には相手の名前は書かないため、間違えないよう付箋をしっかり貼っておくことも大切です。

ゲストに交通費(+宿泊費)を聞くのは失礼にあたるため、ご自身で調べて、結婚式の時期に最も高い交通費分のお金を入れるのが一般的です。交通費・宿泊費に関して、現金で渡す以外に、交通チケットをおふたりが手配して前もって送っておく、というのでも問題ありません。 しかしながら、多額の結婚式費用がかかっている上に、ゲストの御車代、宿泊費まで…となるとおふたりの負担も大きくなってしまいます。先輩カップルたちは「一部を負担した」というケースが多いようです。

御車代はいずれも、「2」で割り切れない枚数のお札を入れます。もし当日お渡しすることが難しい場合は、結婚式後、なるべく早めに、郵送もしくは渡しに行きましょう。

主賓や乾杯の挨拶をお願いするゲスト
【金額】1~3万円 
【いつ・誰が渡す?】迎賓時、もしくは披露宴の歓談中に、お願いをした側のご両親がご新郎ご新婦の代わりに渡します。もし遠方から来ていただく場合は、交通費+宿泊費の全額(もしくは半額/ただし1万円以上)を上乗せします。

遠方から出席してくれる友人・親戚
【金額】交通費+宿泊費の全額負担が望ましいですが、一部負担でも
【いつ・誰が渡す?】受付時に受付の友人から、もしくは同タイミングでおふたりのご両親から渡してもらいます。

受付をしてくれた友人
【金額】3,000~5,000円(もしくは同額程度の品物でも可)
【いつ・誰が渡す?】受付が始まる前、ご新郎側とご新婦側のご両親がそれぞれに渡します。

司会をしてくれた友人
【金額】1~3万円
【いつ・誰が渡す?】披露宴の前、もしくは終了後にご新郎ご新婦どちらかのご両親から。

スピーチ・ 余興 をしてくれた友人
【金額】3,000~5,000円(もしくは同額程度の品物でも可) 
【いつ・誰が渡す?】披露宴終了後にご新郎ご新婦、もしくは頼んだ側のご両親から。

フラワーガールやリングボーイなど手伝ってくれたお子様
【金額】1,000~3,000円、または同額程度のお菓子やおもちゃ 
【いつ・誰が渡す?】披露宴終了後にご新郎ご新婦、もしくは頼んだ側のご両親から。

ご祝儀袋など、事前に準備すること

御車代やお心付けを渡す際の「ご祝儀袋」もしくは「ポチ袋」ですが、金額によって変わってきます。数万円の場合は「水引やのしがついたご祝儀袋」を、1万円台は「水引やのしが印刷されたご祝儀袋」、数千円の場合「ポチ袋」に。表書きは「御車代」や「御礼」(お心付けとして渡す際はこちら)とし、ご新郎ご新婦の苗字とともに筆ペンで書きます。 ご祝儀袋の水引は、「蝶結び」ではなく、「結び切り」や「あわじ結び」「梅結び」といった、一度結ぶとほどけないタイプを使います。用意する際は間違えないように注意しましょう。

そして、包むお金は必ず新札で用意すること。銀行で新札に交換ができますが、一度にできる枚数は限られているため、数回行かなければいけないことも考えて余裕をもって準備を。

また、主賓からご祝儀をいただいてしまい、御車代に上乗せしてお返しする必要が出る場合や、余興などで急に飛び入りゲストが増えることも。事前に予定をしている分にプラスして、予備のお札とご祝儀袋・ポチ袋、筆ペンを用意しておくと安心です。 結婚式当日はおふたりが全てのゲストを対応できないため、ご両親や受付の友人が代理となってくれることが大いにあります。渡し忘れのないようにリストを作っておくと便利です。

結婚式はご新郎ご新婦がゲストを招いて行う儀式ですが、こうしてみると、あらためてたくさんの方のサポートで結婚式が成り立っていることが分かります。御車代などは、サポートしてくださった方への“感謝の気持ち”として贈る物ですが、あまり形式的になりすぎないようにしましょう。ここで挙げた金額はあくまで目安として、実際の金額などを決める際は、ゲストとの関係や地域のしきたりに合わせて考えることも大切なポイントです。

キーワード

ライター 佐藤

女性誌WEBサイトのエディター&ライターを経て、フリーに。現在は、美容やライフスタイルを中心に女性向けの記事やエンタメ系グラビア誌のインタビューも担当。

関連記事

「こんなの見たことない!」絆を深めた“フレンドリー”結婚式

【記念日を想うとき】ふたりが家族になって6年、「鉄婚式」をお祝いしよう。

11月22日はいい夫婦の日。溢れる感謝の想いを伝える日にしよう。

新着記事

「こんなの見たことない!」絆を深めた“フレンドリー”結婚式

男性の一言がドレス選びを左右する?女性がハッピー&ガッカリした言葉とは

「いい夫婦」の秘訣は共通の趣味を持つこと?

ページトップへ