閉じる

お気に入り

お気に入りとは?

お気に入りの記事や、あとで読みたい記事をここに保存することができます。
ハートアイコンを押すと、記事をお気に入りに追加できます。もう一度ハートアイコンを押すと、お気に入りを解除できます。

※「お気に入り」は、ご利用ブラウザのCookie機能を利用します。ご利用の際は、ブラウザの設定でCookieを受け付ける状態に
なっているかをご確認ください。なお、お気に入りデータの保持は1年間となります。

Tips

想い出の一枚が完成する!おふたりらしい婚姻届の選び方

2020年9月30日

ライター 佐藤

婚姻届は、結婚の法的な証として役所に提出する書類ですが、近年では、デザイン性のある婚姻届が大人気。役所に提出するものとはいえ、おふたりが結婚する記念ともなるもの。おふたりにまつわるモチーフなどがデザインされていることで、書いている時間も想い出のひとつとなるはず! 

しかも、インターネットでダウンロードして使えるタイプの婚姻届なら、役所の窓口に行かずとも手に入るので、忙しいおふたりにはぴったり。今回は、記念日をさらに彩ってくれる婚姻届をいくつかご紹介していきます。

デザインされた婚姻届を使う

一枚の紙をもっとおふたりらしい想い出に残せたら…という考えのもと誕生した『婚姻届製作所』の婚姻届は、記念に残る婚姻届を探しているカップルに人気! 

「カラー」や「季節」、人気キャラクターや「大人可愛い」「シンプル」「ハート」「リボン」「星」「和柄」といったモチーフなど、いろいろなカテゴリーから好きな一枚が選べます。おふたりの初デート先で咲いていた花、プロポーズを受けた場所など、おふたりや想い出にちなんだモチーフがデザインされた婚姻届を選ぶのもいいですよね。

また、提出用とは別に、保存用として手元に置ける見開き型のアルバムも作れるので、結婚式のウェルカムスペースに飾って、ゲストにお披露目するというのもおすすめです。

ほかに、日本全国ご当地とコラボした婚姻届がダウンロードできるサイトもあるので、プロポーズを受けた場所やおふたりに縁のある地域の婚姻届なら、さらに記念になりそうですね。

ひと工夫でおふたりだけの一枚に

婚姻届を提出し、晴れてご夫婦となる瞬間。大切な記念日がずっと心に残るように、おふたりだけの“彩り”を添えて、婚姻届を提出してみてはいかがですか? アニヴェルセルのオリジナル婚姻届には、メッセージが書き込めるタイプやおふたりのこれまでの記念日を記すことができるタイプなどがあります。

なかには、リングピローに見立てたデザインで指輪を置いて撮れるもの、赤い糸で“LOVE”と描かれた婚姻届けなら、カップルの小指に赤い糸を結んで記念写真を撮ることで“運命の糸”でつながれたようなフォトジェニックな写真が撮れます。

また、ご家族やご友人など、おふたりにとって大切な方からの“指スタンプ”で、花束やウェディングケーキのデザインが完成するデザインも。これなら、他の誰とも同じにならないおふたりだけの婚姻届が完成しますね♪

空いたスペースに御朱印を授与

右下が空欄になっている婚姻届を使用する場合、その空いたスペースに「御朱印」を授与していただくカップルも。御朱印は本来、神社仏閣に参拝した証としていただくもので、通常は、御朱印帳以外に授与いただけませんが、婚姻届はいわばおふたりにとって特別なもの。そのため、婚姻届に御朱印を授与してくださる神社もあるそう。

婚姻届に御朱印を授与してくださる神社は限られているので事前確認はマスト!また、御朱印をいただいたら、通常と同様、初穂料として300~1,000円を納めます。おふたりで参拝して、記念となる証をいただきましょう。

婚姻届は、役所に提出する前に、ご両家の顔合わせで披露すれば、ちょっとしたイベントにもなるのでおすすめです。ちなみに、婚姻届のサイズは「A3」と決まっているので、インターネットでダウンロードしてプリントする婚姻届の場合はサイズを間違えないようにご注意を。おふたりの記念日を彩るにふさわしい一枚をぜひ見つけてくださいね。

キーワード

ライター 佐藤

女性誌WEBサイトのエディター&ライターを経て、フリーに。現在は、美容やライフスタイルを中心に女性向けの記事やエンタメ系グラビア誌のインタビューも担当。

関連記事

9月12日は育児の日。お子様にまつわる産前・産後のお祝い行事まとめ

安産祈願はいつやるの?知っておきたいマナーとノウハウ

はじめて迎える結婚記念日、1年目はどんなプレゼントが喜ばれるの?

新着記事

「夏祭り」をテーマに花火や盆踊りも♪特別な夏の記念日レストランに

ご家族の絆を深めるお手伝いを【みなとみらい横浜店「プレミアムパーティ2020」】

11月22日はペットたちに感謝する日。大切な家族だから結婚式で「ありがとう」を伝えよう!

ページトップへ